スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽生選手の近況!

スポーツジャーナリストのビバリー・スミスさんのツイッターより。

ビバリー・スミス

きょう、羽生が練習しているのを見たわ。調子よさそう。美しいプログラム。


うわー、ほっとしましたー!
ビバリーさんの記事、これまでに何度かこちらで訳させていただいていますが、ありがとうございます!
Beautiful program"s"ですから、SPもFSも美しいということですね。
ああ、ますますオペラ座が楽しみです!

さて、ずっとブログの更新をさぼって、私がなにをしていたかというと。
仕事が忙しくて……と言いたいところですが、それじゃあ、まるで私が仕事できるみたいに聞こえますね。
ちがうんです。
単にcocoののーみそがぽんこつなだけなんです。
コンピュータで言うなら、MS-DOSレベル(←わからない方はスルーで)。
記録媒体で言うなら、フロッピーディスク・レベル(←はい、これもわからない方、スルーで……というか、羨ましい!)。
録画方式で言うなら、ベータ……え? もういい?
スケアメを観に行った友人がすでに帰国したというのに、まだラジオノア選手のSPまでしか観ていません。
BDレコーダーを導入したときには「容量は1テラ」と言われて、これなら余裕だわ、ぐふふ、と思ったのに、もうこの週末にはスケカナ!
HDD残量危うし!
早くBDに落とさないと。

それはともかく、さいきんの私がなにをしていたかというと、キシリトールのクリアファイルを求めて、雨の中、ローソンを3軒駆けまわり、それでも入手できなくて泣きながら帰ったり。
(雨は降っているし、寒いし、だんだん「私はほんとうにあのクリアファイルが欲しいんだろうか?」と、マジで自分に問いただす始末。入手したとしても、タンスの肥やしならぬ、引き出しの中の精霊ちゃん化すること、必至。だって、さすがに打ち合わせに行くとき、キシリの精霊ちゃんのクリアファイルからさっと書類を出すとか……ないですよねー! ……と言いつつ、友だちに泣きついて、入手してもらった私です。やっぱ、欲しいんじゃん!)
能登さんのYUZURU写真展に行ったり。
ちょうど能登さんが会場にいらしていて、すこしお話しすることもできました。
とってもやさしい方でした。
写真も、大きいサイズで見ると、衣装のつくりが細かいところまで見えたり、いろいろな発見がありました。
いっしょに行った友だちと、ここにある写真の中でどれがいちばん好きか、という結論の出るはずのない話をえんえんしたり。(うーん、やっぱり、トロントの写真かなあ。迷うのですが)
そのあとでお茶したカフェにゆず茶があったから迷わず注文したら、伝票に「Yuzu」と記入されていて、それだけで盛り上がったり。
そんなふうに、地味ながらも、ささやかな幸せが散りばめられた毎日を送っています。

ついでに、ジョニー・ウィアー氏のQ&Aをひとつご紹介します。
Q「あなたがユヅルとペアで滑るところをぜひ観たいんです。いつか実現するときは来るかしら? ところであなたのインスタグラム、大好き!!」
A「ユヅルはすばらしいスケーターだけど、すごくスリムだから、ぼくの補助をするのはむりだと思うよ! でも、ふたりのすべてのファンのために、彼といっしょに氷上で何か特別で美しいものを演じられたらいいだろうね」
ぜひぜひ、いつか実現してほしいです!
スポンサーサイト
[ 2014/10/29 06:34 ] 羽生結弦 | TB(-) | CM(-)

「オーサーがオータム・クラシックで帰郷」(2014/10/14)記事訳

梅田
※友だちが送ってくれた梅田の写真です。行きたい!

きのうは引退報道で涙、きょうはNHK杯の二次発売で涙、といろいろな意味で涙と縁の切れない日々ですが、みなさま、いかがお過ごしですか? ひさしぶりに新しい記事が出たので、ご紹介します。あいかわらず、cocoのへっぽこ訳ですが、よかったら、どうぞ〜♪

…………………………………………………………………………………………………………………

オーサーがオータム・クラシックで帰郷

ビバリー・スミス著
2014年10月14日

オンタリオ州バリーのアランデール・リクリエーション・センターには、カルガリー・オリンピックでオーサーが旗手を務めたときのユニフォームがいまでも飾ってある。ここは、オーサーがスケーターとしてのキャリアの大半を拠点にしてきた都市である。

白い縁飾りのついたカナダ公式の赤色のユニフォームは永遠に不滅である。それは、オーサーも同じようだ。彼はISUチャレンジャー・シリーズとして新しく開催される、オータム・クラシックのため、アランデール・リクリエーション・センターに足を踏み入れた。まるで故郷への帰還だ。オーサーはアランデール・センターの〝名誉の壁〟の筆頭に挙がる人物であり、プレートには彼の名前が大きく書かれ、その戦績もすべて記されている。彼はオンタリオ州バリーの南にあるリンクを拠点とする間、オリンピックの2個の銀メダルと世界選手権の金メダルをひとつ獲得した。バリーは北米でいちばんの急成長を遂げた都市だと言われている。

とはいえ、オーサーがアレンデール・リクリエーション・ホールを訪れるのが初めてだというわけではない。オクトーバーフェストという、10月に行われる試験的な試合にも教え子を連れてきたことがある。帯同していたのは、ナム・グエン。男子シングルで世界的に将来を嘱望されている選手だ。昨季、世界ジュニア選手権で優勝し、世界選手権初出場で12位という成績をおさめている。

ナムはオーサーの縁飾りつきの衣装を眺めるという巡礼の旅に出ただろうか? 以前にも、オクトーバーフェストに出場しているため、彼にとって目新しいわけではない。しかし、今週の火曜には縁飾りの目の前でウォームアップをしていたから、彼がそれを目にし、それが何であるかに気づいたことはまちがいない。

火曜はオータム・クラシックの練習日で、ナムは4回転サルコウを2回、きれいに決めた。今週、バリーで行なわれる大会では、4回転サルコウをプログラムに組み込む予定だ。「前に進むときには、必ず転機が訪れる」とオーサー。「新しく〝おとな〟のジャンプを組み込むのはいいことだ。おかげで、アクセルへのプレッシャーがなくなる」

ナムには強みがある。しかも、トロントには最高の練習仲間がいる。世界チャンピオンであり、オリンピック・チャンピオンである日本の羽生結弦と、ヨーロッパ・チャンピオンであるスペインのハビエル・フェルナンデスだ。もし以前、羽生を気に入っていたなら、今季の彼を見るべきだ。オーサーによると、彼は新しいプログラムをふたつ作っており、あれほど美しいものは、これまでの人生で見たことがないという。(言っておくが、彼はかなり多くのプログラムを目にしてきている)

羽生は腰痛で今シーズン序盤は休養をとっている。1週間前のフィンランディア杯を欠場したのだ。オーサーによると、どちらかというと、予防措置だという。「安全策だよ。あまり焦りたくないからね。ここぞというときに最高のコンディションでいられるようにしたいんだ」

羽生はこの夏、オリンピック・チャンピオンとして多くの責務を果たしてきた。もう少し休養が必要だったと、オーサーは考えている。彼はすべてを引き受け、多くのアイスショーに出演した。しかも、日本でのアイスショーでは、無茶でクレイジーなコンビネーション・ジャンプもやってのけた。「日本のアイスショーでは、スケーターたちがみんな、順番に出ていって、技を見せ合うんだよ」とオーサー。

そして、羽生は挑戦に尻込みするタイプではない。「彼はほんとうに意欲にあふれていて、熱心で、その熱意を瓶に詰めてとっておきたいくらいだ」とオーサー。

この夏、羽生はトロントに2、3週間しか滞在できなかったが、いまは3週間前からトロントで練習している。今回初めて、シェイ=リーン・ボーンが羽生の振り付けを担当した。フリープログラムだ。曲目は『オペラ座の怪人』で、その曲なら多くのスケーターがさんざん滑ってきたじゃないかと思うかもしれないが、しかし、それはボーンの振り付けではない。

5月にオーサーがこのプログラムの骨格を初めて見たとき、鳥肌は立たなかったそうだ。しかし、約ひと月前、羽生がボーンとふたたび合流し、集中して取り組んだとき、そこで生み出されたものに驚いたという。「信じられないほどすばらしかった。シェイ=リーン・ボーンのすべてが注ぎ込まれたプログラムに仕上がっていた」

羽生は遠慮がちで、新しく組む相手にはなかなか打ち解けないという。しかし、あるとき、羽生はボーンを信頼し、気を許すようになった。それが功を奏したのだ。

ショート・プログラムは、ジェフリー・バトルが振り付けを担当し、曲目はショパンのバラード1番を選んだ。バトルはその曲をオーサーに送り、オーサーはそれを気に入った。「いいね。だが、羽生を説得する必要がある」とオーサーはバトルに言った。

しかし、羽生もその曲が気に入った。このプログラムも、いかにもバトルらしい振り付けだ。冒頭の14秒間、羽生は目を閉じたまま、たたずんでいる。やがて彼の目が開くと、「始まりだ」とオーサーは言う。

中国杯とNHK杯では、羽生マジックに注目だ。ナムと羽生はともに中国杯に出場する。この秋は、カナダでオーサーの姿を見かけることは少ないかもしれない。グランプリシリーズ6大会のうち、5大会に同行の予定なのだから。

…………………………………………………………………………………………………………………

「あれほど美しいものは、これまでの人生で見たことがない」!!!
ううう、楽しみで待ちきれません。

ちなみに、旗手を務めたときのオーサー・コーチです。かっこいい!
オーサー・ユニフォーム
[ 2014/10/15 16:59 ] ブライアン・オーサー | TB(-) | CM(-)

ファンミやJOやCaoIやいろいろ!

新宿駅
(新宿駅、今回は行けました!)

みなさま、ちょっぴりおひさしぶりです〜。
前回はオーサー・コーチの言葉をまちがえちゃって、失礼いたしました。
そうそう、言い訳の前に、まずはやるべきことをやってしまいますね。
ちょっと行ってまいります。

カチャッ。
ガラガラ。
ウィーン、ウィーン。
ぴしぺし!
ウィーン、ウィーン。
ガラガラ、ぴしゃん。


ただいま帰りました〜。
えっ、どこに行ってたのかって?
はい、のび太の部屋に行って、引き出し開けて、ドラえもんのタイムマシンに乗って、あの日の自分を平手打ちしてまいりました。
(帰りにタイムマシンが壊れて、うっかり大昔に行ってしまい、命からがら恐竜から逃げるというハプニングもありましたが、ぶじに戻れました。←お約束^^;)
みなさん、やさしくって、「そんなに責任を感じなくても……」と言ってくださるのですが、穴掘って埋まりたいくらい恥ずかしいのには、わけがありまして。

もともと、聞き取りは苦手なんです。
はい、自覚はあるんです。
読むの専門なんです。
だから、怪しいなと思うときにはいつも友だちに助けてもらっています。
私もその友だちも海外在住経験はないので、それでもたしかとは言えないのですが、私よりは彼女のほうが得意ですし、やはり、誰かに確認してもらえるというのはとても心強いものです。
以前、コメント欄でオーサー・コーチの言葉をきかれたときにも、あ、これは2012年の『アスリートの魂』だなと思い、自分でも何度か聞いて、"subtle" sideだなと思いつつも、念のために友だちにも動画で確認してもらって、うん、subtleだと思うよ、と言ってもらって、はじめてお返事を書きました。
たかが一語でも、コメント欄のお返事でも、そこまで周到にやっていたのに、なぜ、今回は手を抜いたのか……。

たしかに仕事で忙しかったのもあるのですが、今回はなぜか
「イケてんじゃね?」
という無駄な自信があったんです(恥)。
オーサー・コーチの言葉、さんざん聞いてきたから、ついに私も聞き取れるようになったか、と勝手に感慨に浸っていた自分が……あああ、恥ずかしい!!!
ほんとうはあの日の自分を地中深く埋めてしまいたいくらいですが、そうもいかないため、代わりにびしばしと平手打ちしてきましたので、どうぞお許しを(涙目)。

そうそう、まちがいといえば、先日、以前の翻訳記事を読み返していたら、「着氷」を「着床」と書いてました。しかも、2箇所も……。もうね、「江戸っ子かよ!」とか、「S●AP細胞かよ!」とか、ツッコミどころ満載で……。そんな情けないcocoですが、これからもお付き合いのほど、よろしくお願いします……。

※追記:ある方から、私の最初の聞き取りで合っているんじゃないかというご意見をいただきました。えーと、じゃあ、ふたつのうち、好きなほうを選んでいただくということで! よろしくお願いします(笑)。わざわざ、ご連絡くださって、ありがとうございました!(23:00)

はい、そんな情けない私、先週末、ハビエル選手のファン・ミーティングに参加させていただきました!
せっかくの機会なのに、寝不足でふらふら。
もうね、『トムとジェリー』のトムみたいな顔で行ってきました。
トム1
(↑こんな感じ)

ごいっしょさせていただいた方々、ひどい顔を目に入れてしまい、申し訳ありませんでした。
ま、私の顔なんて見てる人、いませんでしたけどねっ(笑)。

さて、すてきなお店で緊張しつつ待っていたら、ハビエル選手登場!
練習のあとで疲れているでしょうに、にこにこ爽やかな笑顔でやってきて、"Thanks for coming!"って。
ちがうよー、来てくれてありがとう、はこっちの台詞だよー、ううう、とすでに泣きの入る私。
まずは、みんなの用意してきた質問に答えてくれる質問タイム。
(すみません、興奮状態で記憶が……)
そのあとはひとりずつ順番に手紙やプレゼントを渡す時間を設けていただきました。
私は「あなたのSPのブラックベティが大好きです。あしたのJapan Openで新しいFSを観るの、楽しみにしています」という、なんのひねりもない言葉をかけて(汗)、ごくふつうに隣に並んで、ツーショットを撮ってもらいました。
すみません、基本、ヘタレなもので。
ほかの方は、ふたりで昨季のSP、ピーター・ガンのピストルポーズ(これがほんとのピストルポーズですよね?笑)をしたり、ふたりで手のひらを合わせてハートマークをつくって写真を撮ったりと、いろいろ工夫されていました。

さて、この夜のcoco的ハイライト
(ドラムロール! どぅるどぅるどぅるどぅるだーん!)
ある方がダッフィーのぬいぐるみにブラックベティの衣装を着せて、プレゼントされたんです。
ダフィー
↑かわいいっ!

みなさん、ほんとうに器用ですよね。
それをハビエル選手が受け取ったあと、テーブルの上にすわらせようとしたんですが、うまくすわってくれない。
たまたま、そばにいた私が、彼の隣の椅子を指さして"He can sit there."(あそこにすわらせてあげたら?)と言ったら、ハビエル選手がその椅子にダッフィーをきちんとすわらせてから、ちょっといたずらっぽい顔をして、ダッフィーに向かって、"Be good!"(お行儀よくしてるんだよ)と言ったんです!
もうね、溶けました。
その場でバターになるかと思いました。

練習のあとで疲れているはずなのに、そんなようすは微塵も見せず、どの人にも丁寧に対応し、好きなスケーターをきかれたら、心からの敬意を持って語り、謙虚で、でも、明るくて、いつも、まわりの人を楽しませることに心を砕いている。
もうね、脱帽です。
人間として脱帽です。
翌日、会った友だちに「フィギュアスケーターはこの世の宝物!」と言いましたが、本心です。
胸の中を幸せで埋め尽くされて、会場をあとにしました。
主催された方、お手伝いされていた方々、心からありがとうございました!
ほんとうにお世話になりました。

夢見心地で帰宅した私。
すぐに家族にツーショットの写真を見せました。
「ハビエル選手と写真撮ってもらったの。見て、見て!」と大興奮。
それを見た家族がひとこと。
「ハビ、顔、ちっちゃいねー!」
(えっ? ツッコミどころ、そこ?←またもや)
家族「そうか、いつも羽生くんと写ってるから、いままで顔が小さいの、気づかなかったんだ。やっぱり、ふたりとも頭身がふつうの人とはちがうんだねー」
家族の感想、以上!

……え、えーと、ツーショットなんてすごいね、とか、よかったね、とか、そういうごくごく「フツー」のリアクションは……な、ないんですね。だよね、だよね。うちの家族だもんね。あいかわらず、大きな家族愛に包まれた、心あたたまるcoco家の風景でしたっ!


気を取り直して、その翌日、Japan OpenとCarnival on Iceを観てまいりました。
私の寝不足も加速して、この日はこんな感じ。
トム2

それはともかく、ひさしぶりの生フィギュアスケート!
引退したバトル氏とトマシュ氏のFSが観られるなんて!
しかも今季、休養宣言しているパトリック選手の新FSまで!
ハビエル選手やプルシェンコ氏は言うまでもなく、大好きなラジオノワ選手とポゴリラヤ選手まで!
もう、なに、このcoco得なメンバー!
パトリック選手のFS、ほんとうにすばらしかったです。圧巻でした。
今季、休養するなんてもったいないと思いましたが、日本に来てくれて、新プロを披露してくれて、楽しそうな姿が見られて、もうそれだけで幸せです。
ハビエル選手の『セビリアの理髪師』も彼にぴったりのプロでした。
無良選手と村上選手の『オペラ座の怪人』もかっこよかった〜。ただ、無良選手の白手袋がないのが気になって……。白手袋で顔の片方を覆って仮面を表現するという演出、なくなったのでしょうか? 気になります〜。

それにしても、Japan Openはキスクラのようすを見るのが楽しいですね。
私もオペラグラスでちょこちょこ見ていたのですが、スケーターたちが各チームにひとつずつ置かれたナナナで遊んでいるのがおかしくって。ぶんぶん振り回したり、ハビエル選手が日本チームのナナナをジャージの中に入れて、そのまま帰りかけ、あ、うちにもあったわ、という顔でジャージから取り出して日本チームに返したり、もうね、「ナナナ、おまえ、そこ、代われ!」案件ですよ。
ただ、そうなると、ひとつ問題が……。
そう、私の大好きなバトル氏とパトリック選手のいる北米チームのナナナになるか、それとも、やっぱり大好きなハビエル選手とトマシュ氏のいる欧州チームのナナナになるか。
ひと晩、悩んで悩んで、悩み抜きましたが……。
結論が出ない!
困った。どっちのナナナになろう?
しかたないので(←しかたないのか?)、ここはラジオノワ選手とポゴリラヤ選手のいる欧州チームのナナナに決定!
ふたりとも演技もすばらしかったし、ラジオノワ選手がインタビューでいつまでもしゃべっているのが、かわいくってかわいくって。客席も(かわいいねー、かわいいねー。まだしゃべってる、かわいいねー。……え、まだしゃべってる……まだまだ、しゃべってる。かかかか、かわいい! あ、終わった。マイク戻ってきた。また、しゃべってる。かかかか、かわいすぎ!)という感じで、ロシア語なので、なんて言っているのかわからないのですが、またもや観客みんな、溶けましたね、座席で。
あれですかね。
世界レベルで闘うフィギュアスケーターになる条件として、

「天使であること」

という項目があるんじゃないかと思うくらい、みんな、天使でした!

CaoIは、放送ではカットされていたポゴリラヤ選手のプロも見事でしたし、メリル・デイヴィス選手&チャーリー・ホワイト選手の"Say Something"はなんていえばいいのか、舞台のひと幕を見ているようで、ため息しか出ない、美しいプロでした。原曲も大好きで、安藤氏の"Say Something"も好きなのですが、息を詰めてうっとりと見とれてしまいました。12月のBS Japanの放送が楽しみです♪

あれれ、今回はちょっと元気をなくしている友だちに笑ってもらえる記事を書きたいと思っていたのですが、うーん、残念ながら、笑いどころが見つからないまま、単なるレポで終わっちゃいました。aちゃん、ごめん!
次回こそはっ、必ず笑える記事をっ(←目的、違^^;)。

…………………………………お ま け…………………………………

きょう(10/11)の渋谷は天国でした♪

渋谷2

アイルー 渋谷1
アイルーちゃん、こっち向いてくれて、ありがと♪
[ 2014/10/10 19:40 ] ハビエル・フェルナンデス | TB(-) | CM(-)

アミノバイタル®羽生結弦の進化篇

※オーサー・コーチの台詞、訂正しました!(10/2)

→やっぱり、私の聞き取りで合っているんじゃないかというご意見をいただきました。(10/10)

Rabbit, rabbit, white rabbit!!!
羽生選手のために今月も唱えます。

みなさま、ちょっぴりおひさしぶりです〜。
仕事に追われてまして、羽生選手断ちをしておりました。
だって、ちょっと動画とか録画とか見はじめると、なぜか時空間が歪んで、3分のはずが、気づいたら3時間とか経ってて、時間がワープしちゃってるんですよ!
不思議ですよね。
羽生選手限定なんですけど。
だれか、この現象に名前をつけてください〜。

そんなところに、赤白のあとの黒。
しかも、最強にかっこいいって……。

アミノバイタル®羽生結弦の決意篇


アミノバイタル®羽生結弦の進化篇


リクエストがあったので、書きますが、自信はありません。
オーサー・コーチの声です。
"He's taking a big risk.....He wanna win."
「彼は大きなリスクを取る……彼は勝ちたいんだ」
(もし間違っていたら、教えてくださいねー!)

→メールで教えていただきました(mさん、ありがとうございます!)
正解はこちらだそうです。
"Just take a deep breath. You wanna win?"
「深呼吸をするんだ。勝ちたいだろう?」
(あー、ぜんぜん違う! ごめんなさいー! 自分で頭ぽかぽか殴っておきますので、許してください〜。誤訳やまちがいのご指摘、いつでも大歓迎です)

→その後、私の最初の聞き取りで合っているんじゃないかというご意見もいただきました!
"He's taking a big risk,('cos)he wanna win."
「彼は大きなリスクを取る。勝ちたいからだ」
どちらにしろ、音源がクリアじゃないですし、正解はわかりようがないので、みなさま、お好きなほうをお選びくださいね〜♪(笑)


ところで、きょうはちょうど渋谷で乗り換える必要があったので、いっしょにいた家族に「ごめん、ちょっとそとに出ていい? 一瞬だから」と言い、モンハンの広告写真を撮ろうとしたら、「これ? これのためにそとに出たわけ?」と心の底から呆れ声を出され、10メートルくらい、距離を置かれました。
「そ、そんなに離れていかないでよー」と訴えたら、「いや、別に離れたわけでは……」と言われましたが、その視線ははっきりと泳いでいました。

20141001225157800.jpg

さいきんでは、予定を組むときに「この日は? 羽生結弦の何かが入ってる? 」ときかれる私です……。

追伸:@peakskateのツイッターのこと、教えてくださった方、ありがとうございました! いつか取り上げたいと思います。ほかにもメールくださっている方がいらっしゃるのですが、お返事できていません。ごめんなさいー。落ち着いたら、必ずお返事しますので、お待ちくださいね。
[ 2014/10/01 21:59 ] 羽生結弦 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。