スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シカゴ・トリビューン紙(Chicago Tribune)2014.2.13記事訳

羽生結弦選手「金メダルおめでとう」パレード、なんとか資金調達のめどがついたそうですね。
よかった!
どうしてもっと早く……とかいろいろ思うところはありますが、
当日、気持ちよく晴れて、羽生選手のぴかぴかの笑顔が見られさえすれば、いうことなしですね。
私はテレビ越しの応援となりますので、各テレビ局さん、よろしくお願いします!

ぴかぴかの笑顔例その1
ぴかぴかの笑顔例その1

ところで、先日は、私のくだらないブラックアウト話@SOIに反応してくださって、ありがとうございました。
あのあと、ひとつ思い出したことがあります。
第2部のだれかの演目の途中で、ハビエル・フェルナンデス選手が一瞬現れて、撃たれて倒れるまねをしたんですね。
それがちょうど私のブロックの目の前で、まわりの人が「ハビちゃん、このためだけに出てきたんだ!」って話していました。
あれって、だれのどんなプロだったんだろ?
ともかく、ブラックアウト中でも、少しは意識が残っていたということですね。
それが、なぜ『花になれ』のときには頑として作動しなかったのか。
悔やまれる……。

きのうはきのうで、山芋の千切りをつくっているつもりが、いちょう切りになっていました。
しかたないので、そこから千切りにしました。
気づくと、まな板の上には、木っ端微塵になった山芋だったと思われるものが積まれていました。
なんだろ、これ。

もう、人としてヤバいレベル?
ネトゲ廃人ならぬ、スケート廃人?
いや、もしかしてスケ廃じゃなくて、はにゅ廃?
………………いやああああああ!!!!



などど、またもやどうでもいい話を書いているのはネタがないからです。
だって羽生選手はずっと日本にいるわけだし、海外のニュースとか記事とかないんだもん。

というわけで、きょうは少し前の記事、ソチの男子シングル・ショートプログラム後の記事をむりやりご紹介します。
ほぼ、知っている話ですが、蛸(!)と仔犬ちゃん(!!)のお話、どうぞお楽しみください♪

シカゴ・トリビューン紙
多大なる手脚と業績を誇る、日本のフィギュアスケーター

ct-hanyu-figure-skating-oly-0214-20140214-001.jpeg
日本の羽生結弦と日本スケート連盟小林芳子強化部長のキス&クライでの反応
ロイター通信:ルーシー・二コルソン撮影

ブライアン・オーサーが若き羽生結弦の才能とメンタルを調整してその将来を築く

シカゴ・トリビューン紙オリンピック担当記者
フィリップ・ハーシュ著
2014年2月13日
ロシア、ソチ

当初、羽生結弦はただ自由奔放に滑っていた。

ひょろひょろしたティーンエイジャー。しなやかな脚を持つタコさながら。その脚は氷の3メートル上を目指す。そのための方法もいとわず、転倒せずに着氷するにはどうすればいいのか、つかめないままに。

それが2012年の春、ブライアン・オーサーが17歳の羽生を指導しはじめたときの印象だった。

「はじめてユヅが来たとき、まるで16本の手脚があるように見えたよ」とオーサー。「だが、彼は独特のメンタルの持ち主で、そこが気に入った。たとえ、すこしばかりコントロール不能だとしてもね。多少、導く必要はあるけれど、それをつぶしてはいけないと思ったんだ」

それは、2011年3月11日、羽生が東日本大震災を直接、経験したときにも、折れることのなかった心だ。

そしてそれは、木曜の夜にアイスバーグ・スケーティング・パレスで、ショートプログラムにおける男子シングル初の100点超えを達成したときにも、華々しく発揮された。101.45点の得点が出て、金曜のフリープログラムを前に、3度の世界チャンピオンであるパトリック・チャンを3.93点リードしたのだ。

「きょうはほんとうに緊張しました」羽生は言った。「オリンピックが終わるまで、この緊張はとけないと思います」

その緊張も、羽生が約3年前に経験した不安には遠くおよばない。当時、彼は仙台のホームリンクで練習中だった。震源地から約85キロ離れた場所で、まわりのすべてが揺れはじめた。羽生はスケート靴を履いたまま、そとに逃げ出した。リンクの水道管は破裂した。

彼の自宅も被害にあい、家族ともども避難所である体育館へ行かざるをえなかった。3日後、彼らはリスクを承知で自宅に戻ることができたが、練習場所を失った。

羽生は仙台のリンクが再開するまでの4か月間、日本全国を回った。その翌シーズンは仙台ですごし、2012年の世界選手権では銅メダルを獲得した。

日本スケート連盟は、羽生がさらなる高みを目指すのなら技術を磨く必要があると考え、オーサーにコーチを依頼した。それからまもなく、羽生は母親とともにトロントに渡り、オーサーに師事した。オーサーはカナダ人で、オリンピック銀メダルを2度、獲得しており、2010年の冬季オリンピックでは韓国のキム・ヨナを女子シングルの金メダルに導いている。

「ユヅは仔犬みたいだったわ」とトレイシー・ウィルソンが話す。彼女はオリンピックのアイスダンス銅メダリストで、現在はチームで羽生を指導している。「ジャンプがダイナミックで、転び方も豪快だった。ただ、えんえんとそれをくり返すしかないんだけどね」

日本スケート連盟がオーサーに打診をしたとき、彼はすでにほかの外国人スター、ハビエル・フェルナンデスを指導していた。フェルナンデスはスペイン初の世界選手権メダリストとなり、木曜のショートプログラムでは、チャンから10点以上の差をつけられて3位についた。オーサーは羽生のコーチを引き受ける前にフェルナンデスの了承を得たという。

「ユヅは自己規律が身についたアスリートで、ハビのおかげで集中力が増して安定してきている」とオーサー。

羽生にはこれからも波乱に富んだ日々が待っているだろう。しかし、今シーズン、彼はずっと上り調子だ。12月のグランプリ・ファイナルのショートプログラムでは、当時の最高記録、99.84点を打ち出し、チャンを制した。

「あれが転機でした」とウィルソンは話している。

★★★

タコの足って8本じゃ……?

などど、細かいことはいいとして、「暴れ馬」(by オーサー)とか「闘牛場に入った牛」(by イタリアのマンマ)などと、荒々しい比喩をされがちな羽生選手ですが、さすが「(クリケットクラブの)リンクで一番、男」(by 羽生選手)なトレイシーにかかると「仔犬」ちゃんなのですね(笑)。

この記事を書いたシカゴ・トリビューン紙のフィリップ・ハーシュ記者は、「ソチ・オリンピックでもっとも忘れられないのは、だれかが成し遂げたことではなく、日本の羽生結弦の言葉だ」とつぶやいてくれた人です。言うまでもなく、羽生選手の「ぼくひとりが頑張っても、復興に直接、手助けになるわけじゃない。無力感も感じる。何もできていないって感じる。金メダリストになれたからこそ、復興のためにできることがあるはず。これがスタートになると思います」という発言を指しています。そのスタートとなる、地元での凱旋パレード。仙台には行けないけど、心から成功を祈っています。
スポンサーサイト
[ 2014/04/22 10:57 ] 羽生結弦 | TB(0) | CM(25)

私は、cocoさんの翻訳が好きです❤

英語は他の外国語と違って、日本人でもある程度の方が理解できる外国語なので、
他のサイトでも何人か英語記事を翻訳してくださっている方を知っています。
具体的に言っちゃうと、たらさんとか、アリスさんのブログのGRACEさんとか。
その他にもいらっしゃいます。

皆さん、良心的な翻訳を載せてくださっていて、好感が持てるのですが、、、

しかしながら、私はcocoさんの翻訳が好きです。
cocoさんがつけてくださる解説が好きだし、
cocoさんの翻訳文や解説文に現れているお人柄が好きです。
だから、私はcocoさんのサイトを絶対応援します。

今日も更新ありがとう!!
cocoさんのブログが更新されたこと、
またしても、こすもさんのブログにお知らせしておきますね。

おせっかいだなあ、と思われるかもしれませんが、
一人でも多くの方に、cocoさんの素敵な翻訳を楽しんでいただきたいので!
画像の選択もとてもすてきですよ!!

よろしく❤
[ 2014/04/22 17:01 ] [ 編集 ]

cocoさん、こんにちわ。

今日も、リリイさんの紹介で記事をUPさせて頂きました。先日の有難うございました。とにかく英語となると翻訳して頂ける方に頼るしかないというか・・有難い事だと尊敬しています。本来ならお断りしなければ、いけないのですが・・すみません。
ところで、お写真すごい素敵ですね。あの木からの羽生選手素敵すぎます!!
こういった素面のお写真あまり見たことないので、嬉しくなってしまいました。
cocoさんも、また、遊びに来てください。いつも、素晴らしいブログ有難うございます!!では、失礼いたします。
[ 2014/04/22 19:36 ] [ 編集 ]

初めてコメントします。

はじめまして。楽しい記事UPありがとうございます。
羽生ファンになって4年目の東北人です。
外国の記事をもっと読みたいと思っていて、COCOさんのブログを見つけました。翻訳って無機質なものもあれば、このブログ主さんのように体温を感じるような文章もあるんだな、と。他の方もおっしゃってますが、COCOさんの文章、とても素敵です。
オーサーコーチはじめクリケットのスタッフたちは、これから羽生選手をどういうスケーターに育ててくれるんでしょう。
音楽も振付も衣装も。。。来シーズンが楽しみですね!
新しい記事がなかったら、どんどん古い記事にさかのぼっても
読む私たちは全く問題ありませんので
また、いろいろな記事を紹介して下さいね。よろしくお願いします。
[ 2014/04/22 20:23 ] [ 編集 ]

木っ端微塵の山芋…☆〜(ゝ。∂)

cocoさん
更新ありがとうございます

>ブラックアウト中でも、少しは意識が残っていたということですね。

おおぉ… 良かった(笑)

えーーっ!そんなことがあったんだ
ハビくんの詳細 知りたいっ!
く〜〜〜っ 気になるっ。。。

羽生君 ときどき…
16本の手脚が 見えるような時
ありますよね
もちろん 子いにゅ▽・x・▽も…

大阪の夜公演で
「花になれ」観れました\(^o^)/
他の選手も 名古屋の最終日と
プログラムが違ってて…
すごく 楽しめました o(^▽^)o
それと…弓弦羽神社で
お礼とご祈願 いたしました
御朱印も頂いて…
大阪は 行く機会が多いので
また、訪ねたいとおもいます
想像以上の(^^;; 素敵な空間でした

は〜〜〜い!
パレードの日は テレビの前で
はにゅ廃‼︎ になります^ ^
[ 2014/04/22 21:53 ] [ 編集 ]

リリィさん……うっ……(涙)

リリィさん、ありがとうございます。
やさしい言葉が沁みました。
何度も何度も読み返して、ちょっと泣いてしまいました。

実は、いままでほかにもこういうブログがあるということ、
意識してなかったんですよね。
スケート関係だって、こすもさんのところしか読んでなくて。
(それでも読みきれないくらいの情報量ですし・笑)
でも、きょうになって、そうか、ほかにもいっぱいあるし、
私より英語のできる人はいっぱいいるし(謙遜ではないですよん)、
新参者がのこのこ出てくるのは……なんて、
ちょっと考えて、勝手に落ち込んだりしてました。

でも、リリィさんがあたたかいコメントをくださって、救われました。

それってどうなのかな、と自分でも思うんです。
ブログだって、今回のパレードへの寄付と同じで、自分がしたくて自分のためにしていることなのに、
だれかに認めてもらいたいなんて。

だけど、ここは潔く、素直にお礼を言うことにします。
リリィさん、ありがとうございます!
そんなふうに言っていただけて、すごくすごくうれしいし、ありがたいです!
こすもさんへのお知らせもありがとうございます!
愛をこめて。
cocoより。
[ 2014/04/23 00:05 ] [ 編集 ]

こすもさん、いつもありがとうございます!

うわあ、こすもさんだあ!
(「うわあ、おりんぴっくだあ」の口調で読んでくださいませ(←注文多いですね^^;)。
そんな、こちらこそ、いつもいつもお世話になっているんですから、
私でお役にたてるなら、いつでも好きなときにちょちょいとコピペってくださいませ。
逆に、載せていただいて光栄です。
ありがとうございます!

あの写真、兵器レベルの破壊力ですよね。
どんどん日常生活が破壊されていっています。
まずい……。
こすもさんのところには毎日、何度も遊びに行かせていただいています。
またあとでうかがいまーす!
[ 2014/04/23 00:12 ] [ 編集 ]

山芋、笑ってしまいました~

cocoさん、こんばんは。今日も楽しい記事をありがとうございます。
はにゅ廃って…(笑)いや~私もヤバイかもしれません(汗)
結局、その「山芋だったと思われるもの」はどうされたんでしょうか…?
パレードのこと、良かったです。ほんとに。私も思う事はいろいろありますが、羽生選手が笑顔でいてくれたら、それだけでいいです。
私は関西在住なので、ニュースでちらっとくらいしか観られないかもしれませんが、青空の下でみんなが笑顔のステキなパレードになることを東の空に向かって祈ってます。
みなさん仰っているように、私もcocoさんの書かれる文章が好きですi-80思わず笑っちゃったり、うるっと来たり…。今回の写真も素敵ですね。「忘れないで君のその笑顔はいつだってみんなを幸せにしている」っていう歌詞を思い出しました。反則大歓迎です!
では、またお邪魔させてくださいね。おやすみなさい。
[ 2014/04/23 00:14 ] [ 編集 ]

がっしーさん、はじめまして♪

コメントありがとうございます。
ファンになって4年目だなんて、シニアに上がるころから応援されているんですね。
すごい!
そういう方には今回の金メダルはほんとうに大きな意味があったでしょうね。
ファンでいるのって、楽しいこともいっぱいあるけれど、自分のこと以上に辛くなったり、はらはらしたり……。すごくエネルギーがいるなあと思うので、尊敬してしまいます。
体温を感じるような文章だなんて、とってもうれしいほめ言葉です。
ありがとうございます。

来シーズン、ほんとうに楽しみです。
今度はどんな新しい顔を見せてくれるんでしょうね。
プロごとに別人のような顔を見せてくれるから、
わくわくします。

せっかくおだてていただいたので(笑)、
古くてもおもしろい記事を見つけたら、ご紹介しますね。
がっしーさんは東北地方にお住まいとのこと。
パレードの日、東北地方がお日さまと笑顔に満ちた1日になりますように。
[ 2014/04/23 00:21 ] [ 編集 ]

Rieさん、こんばんは♪

このぽんこつの脳みそをいくら振っても、あいにく、これ以上、なんの情報も出てこなかったので(笑)、
公式サイトで調べてきました。
ジョアニー・ロシェットの"Shot Me Down" というプログラムです。
この曲、「子どものころ、バンバンとお互い、銃で撃つまねをして遊んだね」と歌っていて、
最後のほうの歌詞はどんなふうにも解釈できそうな感じなんですけど、
おそらく、このプログラムでは、彼がほんとうに撃たれて亡くなったという解釈にして、
そこを表現するためにハビエル選手が登場したんじゃないかなと思います。
あ、まじめに答えちゃった(笑)。
BSの放送をみたら、ぜんぜんちがってたりして^^;。

大阪の夜公演も!
うらやましいいいい。
プログラムを変えてくれるなんてサービス満点ですね!
ま、私みたいになあんにもおぼえてない人には、なんのサービスにもならないですけどね……ぐすん。

弓弦羽神社、ぜひぜひ一度、行かなきゃと思っているんです。
すてきな空間なんですね。
今度、そちら方面に行ったら、ご祈願してこなくっちゃ!

廃人化、なんとかこの程度で阻止したいのですが……。
自信が……ない……。
[ 2014/04/23 00:47 ] [ 編集 ]

ネタなしさんへ、ネタのご提供(笑)

私のコメントに感動してくださったご様子。
とても嬉しく光栄です。
私は、本当のことを書いただけですが、cocoさんの翻訳のファンは
たくさんいますよ、自信を持ってくださいね!!

さて、ネタなしさんへネタのご提供です(笑)。

ブライアンのフェイスブックに載っている記事の翻訳をリクエストします。
フェイスブックのアカウントを持っていますか?
アカを持っていないと見られないので、もしアカを持っていなかったら、
取ってくださるとうれしいです。

さかのぼって、やはりオリンピック関連かそれ以前の記事なのですが、
「ブライアン&ゆづ」ファンにはたまらない記事です。

私の勝手なリクエストです。
訳してくださったらうれしいですが、
訳してくださらなくとも、気にしませんよ(笑)。

よろしくお願いしま~す❤
[ 2014/04/23 00:49 ] [ 編集 ]

ブライアンのフェイスブックについて

ブライアンのフェイスブックのURLがうまくリンクできません。
コメントに反映されないです。

Brian Orser Fans

でフェイスブックで検索すると出て来ると思います。

その中のブレコーダーとザスター(トロントスター)の記事です。
[ 2014/04/23 01:00 ] [ 編集 ]

こんばんは

いつも温かい翻訳ありがとうございます。

オーサーコーチとハビ君とゆづる君、
いい関係ですね~。
ゆづる君は日本人のスケーターより
ハビ君といる時の方が
リラックスしてる感じですしね。

コメントしていませんでしたが
世界選手権のSP後のオーサーコーチとの会話、
あれはしびれました(笑)
なんていうか、
さりげなくてかっこいいですね。
あんな早口なのに聞き取れるものなんですね~。
すごいです、ホント。
ゆづる君、
2年前にカナダへ渡った時は全然英語話せなかったと思うのに
2年でこんなに身につくものなんですね、
若いから??
必要だったからかしら。
オーサーコーチ、
ゆづる君と一緒に跳んで一緒に拳を上げてるところがたまらないです(笑)

そう、
今日コメントしたのはSOIのことで・・・

第2部で、ハビ君が撃たれたのは
ジョアニーさんの演技だと思いますよ(*^-^*)
私は名古屋で観たんですけど
私も、突然ハビ君が出てきて「?」だったんですよ。


いよいよパレードですね。
無事に開催されることになって良かった(*^-^*)

私も同じく、はにゅ廃人(笑)なので
テレビで観れない日は禁断症状が出ます・・・(^▽^;)


ではでは
またお邪魔します。
[ 2014/04/23 01:01 ] [ 編集 ]

yumiyumiさん、もちろん食べましたよ!

その山芋らしきもの。
よく噛んだら、同じでした……って、そんなことでいいのか!?

私も東京なので、ニュースでちらりくらいかもしれませんが、
でも、心は仙台に飛ばして、精いっぱい応援したいと思います。
「忘れないで君のその笑顔はいつだってみんなを幸せにしている」という歌詞、
小田和正なんですね。
残念ながら、この曲、知らないのですが、羽生選手にぴったりですね!
本人が思う以上に、まちがいなく、みんなを幸せにしています。
反則は……うれしいけど、困る。困るけど、うれしい。
そんな感じです(笑)。
文章のこと、ほめてくださってありがとうございます!
[ 2014/04/23 01:10 ] [ 編集 ]

コメント、ありがとうございます!

私のコメントの返信のしかた、まちがってますよね。
まとめて返信したほうが親切ですよね。
と、いまようやく気づいたので、そうします。
すみません、なにしろ、この前まで記事内から返信してて、最後に認証用の数字入れてたレベルなので……^^;。

シトラさま
はじめまして!
コメントくださってありがとうございます。
そして、シトラさん、なかーーまーーー!
ですよね、ですよね、召されそうになるのもしかたないですよね。
そのお花畑のむこうには川がありませんでした?
渡っちゃダメですよーー(笑)。

5歳の息子さんがいらっしゃるんですね。
かわいいでしょうね。
個人的にはあの笑顔、兵器レベルだと思うので、自分の子があんなふうに育ってしまったらそとには出しません! それが親としての務め! みんなが召されちゃって、死屍累々です。通ったあとには草も生えないです。いや、逆に萌えすぎて、草だらけ……?

夜中なので(←と時間のせいにする^^;)、テンションおかしいです。はじめてなのにごめんなさい。これからもよろしくお願いします!

リリィさま
ネタなしへのネタのご提供ありがとうございます!
見つけました。
Star-maker Orser finally gets his two Olympic goldとBrian Orser feels Patrick Chan's pain in Sochiですね。
はーい、あした読んでみまーす。
このページ、ぜんぜん知りませんでした。
教えてくださってありがとうございます。

ゆか@愛知さま
あー、よかった。
ほんとうにハビエル選手が出てきたんですね。
実はああ書いたものの、自信がなかったんです。
なにしろ、あれがあれなんで(笑)。
やっぱり、ジョアニー選手の演技だったんですね。
BSの放送でじっくり見直さなくっちゃ。
きっとすてきな演技だったんでしょうね(遠い目)。

ほんと、クリケットの3人はとてもいい関係ですよね。
私もオーサー・コーチがいっしょに跳んだり、最後のポーズを決めたりするところが好きです。
世界的に有名なすごいコーチなのはわかっているのですが、なんだかお茶目で。

キスクラでの会話、しびれますよねー。
ほんと、かっこいい!と思いました。
でも、ここまでになるにはほんとうに努力したんだと思います。
どんなことにも努力を惜しまない姿勢にすごく惹かれます。
[ 2014/04/23 01:47 ] [ 編集 ]

はじめまして♪

こすもさんのブログから、cocoさんのブログを知りました。
素敵な翻訳ありがとうございます。cocoさんのおかげで海外の記事を読むことができてホントに嬉しいです♪これからもよろしくお願いします♪
[ 2014/04/23 08:36 ] [ 編集 ]

リプちゃんの記事

http://www.icenetwork.com/news/2014/04/21/72028656?tcid=tw_share

ゆづネタじゃなくてすみません。
リプニツカヤの記事です。
スピルバーグから、リプちゃんへの手紙が載っています。
ネタ不足ということですので、もしよろしければ、訳していただけないでしょうか。
こすもさんがリプちゃん大好きだし、こすもさんのブログの住人さん達皆さんリプちゃんの記事なら読むと思います。

急ぎませんので、よろしくお願いします。
もちろん強制じゃありませんよ(笑)。
訳されなくても、大丈夫よ(^^)
[ 2014/04/23 11:21 ] [ 編集 ]

もひとつ、ゆづネタ、リクエスト

http://www.icenetwork.com/news/2014/03/28/70311656/hanyu-follows-up-olympic-title-with-world-gold

先程コメントしたリプちゃんの記事からたどっていったら、
ゆづネタ出現!

世界選手権の記事です。
こちらもよかったら、翻訳お願いしてよろしいかしらん?

もちろん、急ぎませんよ。
ゆづネタ不足ということだったので、
思わず、ネットサーフィンして探しちゃった私です。

これで、昨晩のネタと合わせて1週間から10日ほどもつかしらね。(^^)
[ 2014/04/23 11:37 ] [ 編集 ]

indyさん、はじめまして!

こすもさんのところから遊びにきてくださってありがとうございます!
そんなふうに言っていただけて、ほんとうにうれしいです。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
[ 2014/04/23 21:27 ] [ 編集 ]

リリィさん、たくさんありがとうございます♪

リプニツカヤ選手、私も好きです!
こすもさんも大好きなんですね。
うちの家族もみんな、好きなんですよ。
ほかに教えていただいた記事もあわせるととうぶん、もちそうですね(笑)。
リリィさんの機動力、いつも感心してしまいます。
ありがとうございます。
[ 2014/04/23 21:29 ] [ 編集 ]

なるほど!

cocoさん
ハビ君の詳細 お調べ下さり ありがとうございます

ゆかさんのコメで 名古屋でも
パビ君 撃たれ役 していたとのこと…
全然、気づいてなかった(^^;;

テレビ放映で ハビ君の撃たれ役 チェックしよー
あと… 外国スケーター陣の群舞‼︎
平常心で しっかり 見たいです(^_^)v
[ 2014/04/23 22:13 ] [ 編集 ]

Rieさん、こんばんは〜。

そう、あのときは隅っこにちょこっと出てきただけですから、席によっては見えなかったかもしれないですね。
でも、そういう遊び心のあるプログラムって楽しいですよね。
BSで私もしっかりチェックします!
外国人スケーターのゴレンジャー群舞(笑)も見ないと。
もうひとつの群舞もすっごくかっこよかったので、
改めて見るのが楽しみです。
[ 2014/04/23 23:17 ] [ 編集 ]

cocoさんありがとうございます

cocoさんこんにちは

気温差が大きいこの頃ですが、お元気ですか?
また翻訳の記事をアップしてくださりありがとうございます!
着実にcocoさんのファンが増えていますね
皆様がおっしゃるようにcocoさんの文章はキュートで素敵ですもの
翻訳ってとても大変なことだと思います
自分にはできないことですし、すご~く感謝しています
いつもありがとうございます

羽生選手の手足が16本・・タコのようにクニャクニャ柔らかいという意味?
オーサーコーチは
羽生選手の身体の柔軟性を最初に見てくれたということですかね??
振付師の宮本賢二さんが、動物園や水族館行って
タコやクラゲの動きを振り付けの参考にすると言っていました
手足が16本に見えるなんて、理想的なんじゃないかと思いました

羽生選手はハビ君のおかげで集中力が増して安定してきている
ハビ君も羽生選手のおかげで成長していますよね!
お互いに刺激し合う関係で素敵です・・!2人が大好き~
ナム君もシニアに上がって活躍するでしょうね 楽しみです
それでは、また遊びに来ます

[ 2014/04/24 13:06 ] [ 編集 ]

akiさん、いつもありがとうございます!

akiさんもユースト待ちでしょうか。
なんだかこっちのほうがドキドキしてきますね(笑)。
私の体調まで気づかってくださってありがとうございます。
みんな、やさしい〜〜〜(涙)。
akiさんもお元気ですか?

そうですね、柔軟性があり、しなやかな手脚という長所に気づいてくれたんだと思います。
でも、その長所が活かしきれていないというか、
ジャンブの軸がぶれがちで(ほら、シュッと跳ぶだけだから・笑)、
そのせいで16本に見えたのかなと思います。
振付師さんの話、おもしろいですね!
いろいろな仕事のしかたがあるんですね。
いまや、しなやかな手脚で確実なジャンプが決められるようになったんだから、
すごいですよね。

ナムくんもこれからどんどん活躍してくれそうですね。
ますます楽しみです!

あーあと30分だあ。
落ち着かないです。
はらはらはらはらはら。
[ 2014/04/24 15:13 ] [ 編集 ]

cocoさん、こんにちは♪

トレーシーさんの「仔犬ちゃん」発言もかなりいい感じなのですが、
「(クリケットクラブの)リンクで一番、男」(by 羽生選手)にはお茶を吹き出しそうになりました。
羽生くんがそんなことを言ったんですか???
なぜ?という思いと、何か分かる!という思いで、めちゃめちゃハマりました!
もー、クリケット、ほんとに素敵です。。。
色々な思いを抱えつつの旅立ちだったけど、クリケットの一員になって本当に良かったね!って羽生くんに言いたいです。

ハーシュ記者の言葉、ぐっときますね。
私も仙台には行けないけど、パレードの成功と、
羽生くんのキラキラの笑顔を祈っています。

今日は外国人特派員協会の会見でしたね♪
今日もまた、つくづく自分の聞き取り力のなさを思い知らされました。

cocoさん、お返事よりも睡眠を優先でいいですからね!
[ 2014/04/24 18:13 ] [ 編集 ]

あいさん、こんばんは♪

お気遣いありがとうございます!
ふふふ、これは、去年の12月号のNumber Plusに書いてあったんです。
以下、抜粋しますね。

★★★

また怪我防止のため、膝周りの筋力を鍛えた。昨季、風邪で1週間滑れなかった程度で膝を痛めたのは、絶対的に筋力が弱いからだ。そこでトレーシーが横に付き、ダンベルを持ってスケーティングをする練習を繰り返した。これが相当厳しいらしく、羽生は言う。
「あのリンクで、トレーシーが一番、男です。キツイことを平気な顔してやらせる」

★★★

たしかにキツイだろうなと思うのですが、なんか笑っちゃいますよね。
コーチ陣もいいチームなんだなあと思います。
もしかすると、オーサーがいちばんやさしいのかも。

会見はとってもドキドキしながら見ました。
パレードの日、私、1日外出なんですよ。
えーん。
まあ、どうせ東京で生中継してくれるわけではないのですが、なんかさみしい……。
仙台のほうの空を見上げて、気持ちだけ飛ばすことにします。
[ 2014/04/25 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanyuthepooh.blog.fc2.com/tb.php/10-dd66332b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。