スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Absolute Skating記事訳:ブライアン・オーサー「ユヅルとハビはちがうタイプだが、互いを助けあっている」(2014/5/15)

Absolute Skatingの記事をご紹介します。
5/15付けの記事ですが、インタビュー自体は世界ジュニア選手権が行われた3月中旬ごろのものだと思われますので、世界選手権のはじまる前の内容です。

※いつもの前振りは記事のあとにつけました(だから、いらないって)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Absolute Skating記事
ブライアン・オーサー「ユヅルとハビはちがうタイプだが、互いを助けあっている」
2014年5月15日
ベネッタ・ヤネヴァ著
アンドリアナ・アンドリーヴァ撮影

現役時代にスケーターとして成功しただけでなく、コーチとしても成功しているブライアン・オーサーが、すばらしい弟子たちと彼らとの関係について語る。

AS1.jpg

ブライアン・オーサーが「今年の最優秀コーチ」という栄誉を与えられることに異論を唱える者はいないだろう。彼が指導するスケーターは今シーズン、すばらしい結果を残している。日本の羽生結弦がオリンピックと世界選手権で金メダルを獲得し、スペインのハビエル・フェルナンデスがヨーロッパ選手権の金メダルを連続で獲得、世界選手権では銅メダルに輝いた。そして若きカナダのナム・グエンはシニアのデビュー戦で成功をおさめ、世界ジュニア選手権で優勝した。ブルガリアのソフィアで、ブライアンは今シーズンを振り返った感想と彼のトップクラスの弟子のちがいについて、インタビューに気さくに応じてくれた。

ミスター・オーサー、まさかあなたと世界ジュニア選手権でお会いできるとは思いませんでした。

指導するスケーターが世界ジュニア選手権を経験できるのは、いつでもうれしいものだよ。ほかのスケーターが出場したときや、1978年に自分が出場したときの経験から、世界ジュニア選手権にはいい思い出があるんだ。自分が大きな大会に出ているのを実感したのは、そのときがはじめてだったからね。その後、オリンピックに焦点を定めて、大きな目標を夢見るようになったんだ。

あなたは今回、出場しているふたりの少女のコーチを務めていらっしゃるんですよね。ふたりについて教えてください。

ふたりにとって、これがはじめての世界ジュニア選手権だ。年齢的に出場資格があるし、いい経験になるからね。ひとりは南アフリカの少女で3〜4シーズン前から指導している(ミカエラ・ドゥ・トイト)。もうひとりはカザフスタン出身の子だ(エリザベート・トゥルシンバエワ)。彼女は去年の春にトロントに来ようとしたんだが、ビザがおりなくて、カナダに来るのに半年かかってしまった。それからいっしょにいたのは4か月だから、準備が遅れてしまったが、いまでも学んでいる最中だ。彼女には過去の習慣が染み付いてしまっているから、徐々に変えていかなきゃいけない。練習習慣、技術的な癖、演技の癖をね。取り組むべきことがたくさんあるよ。

ナムのコーチはいつから務めていらっしゃるんですか? あの年齢でいい成績を残していますよね。

ちょうど2年前からだね。幼いときの彼は本物のスーパースターだった。8歳のときも、10歳のときも。キュートな魅力をふりまいていたよ。キュートだったね。若くて、スピンが速くて。だから、改めてナムを指導することになったとき、変えなければならない習慣がたくさんあった。キュートな要素から脱皮する必要があった。それが通用するのは短いあいだだけだからね。これからは自分より年上の人間と競い、同じレベルにならなきゃいけない。シニアの試合に目を向けて、もっと大きなジャンプ、速いスピードを目指さなきゃいけない。ジュニアのレベルから抜け出せないスケーターもいる。それまではゆっくりだったのが、急にシニアのレベルに放りこまれて、自分がどれだけ遅かったかに気づくんだ。だから、ナムにはいい機会になったよ。四大陸選手権に出場したのがね。そこで、彼はシニアのスケーターがもっと速くて、空間全体を使って演技していることを実感したんだ。むずかしい技をこなして、だれもがトリプルアクセルを跳んでいるだけでなく、空間全体を使って表現している。別のコーチといっしょに四大陸選手権に出場したあと、彼はトロントに戻って、それに向けたトレーニングをはじめた。大きな演技をするようになったんだ。それに、彼は毎日、ユヅル・ハニューやハビエル・フェルナンデスといっしょに滑っている。いっしょに滑りながら、同時にこれからは彼らと競おうとしている。空間全体を使って表現をして、速いスケーティングができれば、そのスケーターの準備は整ったことになる。そして、いまのナムはそれが整っているんだ。

AS2.jpg

世界ジュニア選手権と世界選手権の両方に出場するのは、彼にとっていいことだと思いますか?

苦労はするだろうね。世界選手権から声がかかったときには「やったな」と言ったよ。彼はとても興奮していたが、世界ジュニア選手権に集中するように言った。彼は若いし、練習もしっかりする。調子もいいし、この勢いを失いたくない。それに、世界選手権への出場は彼の役に立つだろう。彼はこれからトロントに戻って、4日間、むこうに滞在して、ユヅルとハビと合流する予定だ。これからシニア向けのフリープログラムを練習しなければいけない。30秒長いからね。だが、彼はカナダ選手権にも四大陸選手権にも出場してきた。彼にとって、シニアのプログラムに移行するのはそれほど大変ではないだろう。ジャンプのあいだに休める時間が増えるわけだからね。日本で行われる世界選手権では、目標を定めているんだ。ショートプログラムとフリープログラムで、いい演技をする。上位15位はじゅうぶん狙えると思っている。ここ、世界ジュニア選手権でいい結果を出したことが、そこでも生きてくるだろう。

ソチではユヅルが金メダル、ハビが4位と複雑な心境だったんじゃないですか?

オリンピックに複数の弟子を出場させることができるなんてすばらしいよ。キス&クライでは、ユヅルがベストの演技ができなかったから、結果を待つしかなかった。その後、パトリック・チャンもベストの演技ができなかったから、ユヅルが優勝した。その週は、ユヅルがいちばんのスケーターだった。そのことに疑問の余地はない。彼はあのとき最高のスケーターで、オリンピック・チャンピオンとしてその週を終えた。いまは彼にとって特別な瞬間で、彼も喜んでいるよ。だから、世界選手権に出場してまた滑りたい、フリープログラムに集中したいと言っている。ハビにはつらかったね。技術点の問題だ。フリープログラムで判断をあやまった。ルールをどれだけ理解しようとしても、それでも混乱して、ちょっとしたことで変わってくる。4回転が3回転になり、そのほかに複数の3回転トゥループやサルコウやコンビネーション等もあって、彼は混乱してしまったんだ。残念なことに、3番目にすばらしいスケーターが4位になってしまった。私はこのふたりのことを心から誇りに思っている。ふたりはソチに残ってエキシビションに出場したから、ソチで1週間練習して、その後、トロントに戻ってきた。ユヅルは日本に帰国して、マスコミの祝福を受けた。すばらしいことだよ。だけど、世界選手権前の10日間はトロントに戻って、ふたりとも猛練習をする予定だ。ふたりにはそれだけのエネルギーが残っている。自分がスケーターだったから、オリンピック後の世界選手権に向けて準備するのがどれだけ大変か、わかっているよ。

AS3.jpg

カナダ出身の強敵がいる状態で、このふたりをオリンピックに連れていくのは大変なことでしたか?

もっともすぐれた人間、もっともすぐれたスケーターが優勝してくれれば、私は幸せだ。もっともすぐれた者が優勝すれば、それでいい。たとえ、それがパトリックでも、ユヅルでも、ハビでもね。私はただ、自分の仕事をするだけだ。私はこのふたりとその連盟からコーチを頼まれた。だから、自分の仕事をする。それに、カナダのアスリートからは声がかかっていないからね。ナムだけだよ。

あなたの弟子たち、ユヅル、ハビ、ナムはそれぞれ特別なものを持っていますよね。そのことについて、聞かせてもらえますか?

言葉にするのはむずかしいな。オリンピック・チャンピオンや世界チャンピオンはみな、特別なものをもっている。ユヅルとハビはまったくちがうタイプだ。ユヅルは母親と暮らし、とても規則正しい生活をして、まだ学生でもある。彼らにとって、教育はとても重要だからね。人付き合いが多いほうではないし、それほど社交的でもない。ハビエルはその反対だ。彼はひとり暮らしで、アパートメントに住み、ガールフレンドがいる。自分で料理をするし、掃除もするし、とても社交的だ。それが彼にはいい方向に働いている。日本の文化とスペインの文化はちがう。彼らは互いに助けあっているから、私もやりやすいんだ。ふたりは互いを敬い、尊敬している。これ以上の関係があるかい? 私はただ、コーチとして、彼らを注意深く見てやり、そのボディ・ランゲージを読めばいい。そのふたつなら私にできるからね。ハビにもっと時間をかけてやらないと、と思うときもあるし、ユヅルに対してそう思うときもある。そして、ふたりはそれを理解しているんだ。

あなたの仲間のコーチ陣について教えてください。

4〜5人のコーチといっしょに教えているよ。ひとりはスピンの専門家で、彼女はすばらしいんだ。スピンを教えられるだけでなく、レベルを理解しているから、すべてのスピンでレベル4を目指せる。トレーシー・ウィルソンもいて、彼女は技術的にすぐれている。基本的なスケーティング技術に多くの時間を費やすんだよ。どこから力を持ってくるかとか、どういう姿勢なら無駄なくさらに力をこめられるかとか。デヴィッド・ウィルソンはプログラム担当だ。プログラムができあがると、トレーシーがそれを美しく、バランスのとれたものになるように、つなぎの部分にとりかかる。彼女の基礎があってこそ、振り付けがこなせて、大きなジャンプが跳べる。私はほぼ、ひととおり、かかわっている感じかな。つなぎとか、技術とか、ジャンプとかにしっかり時間をかけているよ。

AS4.jpg

いまもジャンプできますか?

(笑って)むりだね。この体じゃできないよ。

ユヅルはいつもウィニー・ザ・プーのティッシュケースといっしょで、ハビはミッキーマウスのティッシュケースといっしょですが、そこになにか意味はあるんですか?

知らないよ! ユヅルはかなり縁起をかつぐタイプだから、あれもそのひとつじゃないかな。オリンピックには持ちこんでいなかったが、理由は聞かずに好きにさせたよ。

カナダの男子スケーターはオリンピックで縁起がわるいんでしょうか?

どうかな。カナダは偉大なスケーターを数多く輩出してきた。まず、1970年代にはドナルド・ナイトとトーラー・クランストンがいた。コンパリソリーがあるころには、トーラー・クランストンはもっともすぐれたスケーターのひとりだった。その後、私が出てきて、カート・ブラウニング、エルヴィス・ストイコ、ジェフ・バトル、パトリック・チャンと続く。世界選手権のメダリストが数多くいて、そのうちの何人かは複数のメダルを獲得している。オリンピックでどうなのかはわからない。たまたまオリンピックがそれぞれのピークに重ならなかったんだろう。パトリックがそうだ。2010年のバンクーバー・オリンピックでは、惜しかった。しかし、次のオリンピックとなると、ほかの選手にとっても、パトリックにとっても遅すぎたんだと思う。パトリックにはおそらく半年遅かった。オリンピックが半年前に行われていたら、結果はちがったかもしれない。パリでの彼のすばらしい演技を思い出してほしい。ジェフはオリンピックのメダルを獲得して、世界チャンピオンになり、それで満足した。私の最初のオリンピック(1984年のサラエボ)はましだったよ。コンパリソリーがあって、私には有利だったからね。1988年(カルガリー)のオリンピックはとてもきつかった。体力的にかなり疲れたよ。1987年に世界チャンピオンになったあと、カルガリーではオリンピック・チャンピオンになるためだけに出場した。自分ではそのつもりだったから、ショックだったよ(ブライアンはどちらのオリンピックでも銀メダルを獲得している)。

いまは、自分が練習してきたころとはちがう方法で教えている。自分のころは猛特訓を積んで、コーチを務めているいまより要領が悪かった。自分の失敗から学んだんだ。

来シーズンは、ちがうハビとユヅルが見られるんでしょうか? ふたりのスタイルを変える計画はありますか?

ああ。ボーカル入りの曲を使おうと思っている。すでにハビのショートプログラムの曲は選んであって、フリーはこれからだ。彼の曲を選ぶのはいつも簡単なんだよ。ユヅルは別だ。彼には得意分野でないものを考えている。型にはまったスケーターになってほしくないからね。それには彼はまだ若すぎる。ショートは2シーズン連続で同じプログラムだったから、来季はそれを変えないと。フリーでも実験しようと思っているよ。

AS5.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しいプロ! 楽しみですねー。

と、ここまではふつうのブログ。


……………………………………切 り 取 り 線………………………………………


はい、ここからは、いつものcocoブログ。

おかげさまで屍からは復活しました。
というわけで、いまや、ただのゾンビです。
もう心臓動いてないから、なにがあろうとAEDも不要です。
(akiさん、長いあいだ、AED係としてお世話になりました!)
ふれあいだろうが、白T&ジーンズだろうが、どーんと来い!
えっ? もうない? あれれ? がーん……。

冗談はともかく。
実は、前回の記事のコメント欄で衝撃の事実が判明いたしました。
以下は、一部始終を見てらした、みーこさんの目撃談です。


実は我らがcocoさん、今はとある病院の集中治療室にいらっしゃるんです。
cocさんは八戸ふれあいタイムで、間近での「きらきら」で、心肺停止。
「あのAED」のおかげで奇跡的に蘇生。救急車に乗せられ…
羽生選手もたいそう心配し病院にお見舞いに行かれたとか。
なんとか意識を取り戻してもらおうと、投げkiss、頭なでなで等、彼も必死。
ここで急に白雪姫の童話を思い出し、王子様のリアルkissで目覚めるのではと 行為に及ぼうとしたのですが、すんでのところで医師(女医)が「ああっ、本当に召されてしまう~」と止めに入ったとか。

今は「なんでもいいからどこかで羽生選手、見られないかなあ、あばれちゃうよもう」などと、うわごとを繰り返すまでに回復の兆候がみられるとか。


な、なんと!
そういうことだったんですね!
この女医を締めあげなきゃ、という厳然たる事実は別として、
どうも現実感がないと思っていました。
ごはん食べてるようで食べてないような、眠ってるようで、眠ってないような。
それなら、納得です。

ん?
いや、もしかすると、ほんとうはSOIの白T&ジーンズの「にこっ」以来、眠りつづけているのかも。
八戸に行ったことも、ふれあいに参加したことも、ももも、もしかしたら全部、夢……?
あのぼけぼけ写真は、実は念写……?


20140510_174648-1.jpg
念写証拠例その1


20140510_181229-1.jpg

念写証拠例その2

うわあああ、やっぱり、念写だわ!!!

ゆかさんに「その天才的な撮影の腕前を活かす道がどこかにあるにちがいありません」とおっしゃっていただいたとき、「心霊写真捏造系でしょうか」と答えた私ですが、正解は念写でした!

えっと、どこかに需要……ありますかね……?
スポンサーサイト
[ 2014/05/16 10:21 ] ブライアン・オーサー | TB(0) | CM(47)

はじめましてです

はじめましてです
毎回こっそりと爆笑しながら読ませていただいていました
すばらしい翻訳ありがとうございますi-237
私もこのオーサーの記事は自力(エキサイト先生e-268など)で翻訳して
自己流で読んだのですが
どこでそうなったのか読んでいくうちに
オーサーがとても冷たい人間に見えてしまって…。
本当に翻訳感謝です!
冷たいとか全然そんなことなかったですっっ
オーサーパパごめんなさい><
[ 2014/05/16 11:02 ] [ 編集 ]

ただ、ただ、感動! 仕事の速さにも、大好きなブライアンの記事にも。

cocoさん、あなたの仕事の速さに、ただ、ただ、感動しています。

そして、またしても、私の大好きなブライアンの記事。
そのことも感動です。

ゆづ&ハビ&ナムのクリケットブラザーズのこともたっぷり語られていて、
大満足です。

ただし、私はこの記事で一番印象的だったのは、
「カナダの男子スケーターはオリンピックで縁起が悪いんでしょうか」
という項目です。

銀メダルしか取れなかったブライアンとついこの前のパトリックのことが
思い出されて、何やらしんみりとした気持ちになりました。

ゆづ君のことももちろん好きだし、彼のおかげでたくさんの知らないことを知って、
ゆづにとても感謝しています。

ブライアンやクリケットブラザーズの素晴らしさも、
ゆづが教えてくれたと思っています。

プル様は現役続行するとのウワサだし、ゆづにはもうしばらく、
ブライアンたちのところで精進してほしいです。

この記事、とても素敵で、ブライアンの人柄が現れていて、感動しました。

超特急の翻訳ありがとう、cocoさん。
cocoさんに足を向けて寝られないよ(笑)。

あ、こすもさんのところにも、もちろんお知らせしておきました。(^^)/
[ 2014/05/16 12:27 ] [ 編集 ]

こっちもお願い!!

http://web.icenetwork.com/news/2014/05/15/74772794/orser-stresses-mental-preparation-in-new-app

5月15日付けのアイスネットの記事です。
ブライアン記事、大繁盛(笑)!!
こっちの記事も翻訳、お願い!!

よろしくぅ❤
[ 2014/05/16 12:54 ] [ 編集 ]

cocoさん、今日もありがとうございます。
オーサーさん、良いコーチだなあ。。。
cocoさんと出会ってから、オーサー愛がどんどん増してきています。
「ユヅルとハビはまったくちがうタイプだ~」のところとか、
「ユヅルはかなり縁起をかつぐタイプだから~」のところとか、
文化も母国語も違うのに、親代わりというか、本当のお父さんのように
我が子たちを愛しているんだなっていうのが伝わってきて、
本当に温かい。
今日もcocoさんのおかげで優しくなれた自分がいます。

そして、
「ハビにもっと時間をかけてやらないと、と思うときもあるし、ユヅルに対してそう思うときもある。そして、ふたりはそれを理解しているんだ。」
ってとこ!!!!!
どれだけ感動させるんですか。もう、オーサー&cocoったら!

新プロ、二人ともボーカル入りになるんですかね…?!
また、これまでとは違う新しい顔の羽生選手が楽しみですね。
私が羽生選手の魅力にハマったのは、
彼がプログラムによってまるで別人のようにがらりと変わるところなんです。

俳優さんで、あまり演技力が高くない方の特徴として
「顔で演技する」っていうのがあって。
そういう人は、どんな役をやらせても大げさで、同じ役に見えるんです。
顔じゃなくて心で演じる役者さん(言い方が難しいんですけど、
心からあふれ出そうになる強い思いを、
ぐっとこらえて演じる俳優さん…みたいな感じかな)は、
客席の一番後ろから見ても表情(想い)が伝わってくるし、
演じる役によって全く別人に見えるんです。
ま、そんな私の主張はどうでも良いんですけど(笑)、
私が羽生選手に対してとても感心しているのは
そういう部分なんですってことで^^;
このあたりのことを、勇気を出して、ですね、糊が弱かった、アレにですね…。
やばい、また落ち込んできた。

まとまりがないままですが、このへんで失礼します(逃)!
[ 2014/05/16 13:26 ] [ 編集 ]

読みやすいです!

いつものことながら、日本語がこなれていて読みやすいです。
文章力がさすがですね、しかも出たばかりの記事をこんなに早く。
cocoさんほんとに素晴らしいです。

(URL欄にツイートURLを入れました)
[ 2014/05/16 13:29 ] [ 編集 ]

はじめまして!

訳文、こなれてらっしゃいますねえ。「ユズルは縁起をかつぐタイプ」のところ、原文は"I know that he is very, very superstitious"ですからねえ(苦笑)。

ただ、ゆづる君にとってプーさんは、単なるげんかつぎじゃないと思うよ!(笑)

私は、オーサー氏の「自分は与えられた職務を果たすだけだ」という姿勢に感銘を受けました。
[ 2014/05/16 13:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/16 13:50 ] [ 編集 ]

こんにちは

cocoさん、いつも素晴らしい翻訳をありがとうございます。

すっかり脱け殻になっている私と違い、お仕事が素早くて尊敬します。

また、ゆっくりとお邪魔させていただきます。

取り急ぎ、お礼まで。





[ 2014/05/16 14:13 ] [ 編集 ]

みなさま、こんにちは〜♪

はじめましての方もコメントありがとうございます!
夜中にこんな記事を見つけちゃったものだから、そこからパソコンにかじりついてしまいました。
で、アップしたとたん、バタンキュー。
ふう、ようやく復活しました。
でも、まだぼけてるので、夜にでもゆっくりお返事させてくださいねー。

リリィさん、うぐいす餅さん、ご紹介ありがとうございます♪
[ 2014/05/16 14:48 ] [ 編集 ]

オーサーママ

またまた素敵な和訳をありがとうございます、cocoさん。
オーサーママ、知れば知るほど奥行きの深い方ですね。
あっ、ママだなんてからかってはいけませんでした、。

ボディランゲージで解る、ってすごくないですか?
カナダに渡って彼に師事したことは羽生選手にとっても羽生結弦という青年にとっても本当に良いことでしたね、そしてこれからも宜しくお願いします、という気持ちでいっぱいです。

cocoさん、先日、元彼ランビ氏のキムヨナさんショーでの動画を見たんですよ。もうね、ため息ものの演技でした。ちょっと心が、、いえいえ元彼は元彼で今も応援はしていますが、一番は結弦氏に変わりはありません。
が、更に熟成されたスピンと吸い付くようなスケーティングにはまだまだ結弦氏は追いついてない。がんばれ!君は若い、オーサーさんにびっしり鍛えられてランビ氏をスーッと超えてください!って画面観ながら想いましたとさ。
ランビ氏には羽生選手、仙台で直接スピンを教わったことありますからね。

幕張もですが富山も一緒ですね、また刺激を受けてもらえるとうれしいです^^
cocoさんのブログの存在に感謝です。
[ 2014/05/16 15:18 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/16 16:26 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。実は時々お邪魔させていただいておりました。
とても読みやすく詳細な翻訳に本当に感謝いたします。そして、事後報告になってしまい申し訳ありませんが、Twitterの方でこちらの記事をご紹介させていただきました。皆さん記事の内容がとても良く伝わると喜んでいらっしゃいます。
お差し支えなければ、また勝手ながら記事をご紹介をさせていただけたらと思っておりますが、宜しいでしょうか?
遅くなりましたがご報告をとコメントさせていただきました。
また楽しみに伺わせていただきますね。
翻訳本当にありがとうございました。
[ 2014/05/16 16:46 ] [ 編集 ]

本当に有り難うございます!

翻訳が出来るなんてうらやましいです!
私は日本語も怪しいので・・・。
オーサーコーチの愛あるコメント・・・。
嬉しくなります(>_<)
ちゃんと二人の個性や、魅力をどんどん引き出してくれてますね。
クリケットは最高のチームだと思いますし、チャレンジの年の
来季のプログラムが待ち遠しいです!!
はぁ・・・。早く10月にならないかな・・・。
それと、cocoさんの前フリないと淋しいです・・・。
私にとっては無くてはならないものです(笑)
お風呂から上がって、パンツが無いのと同じくらいの衝撃です!!
[ 2014/05/16 17:43 ] [ 編集 ]

Bluecosmosさん、ご紹介ありがとうございます!

Bluecosmosさま

はじめまして!
ツイッターでご紹介くださったそうで、ありがとうございます。
そんなふうに言っていただけて、うれしいかぎりです。
いつでもご紹介いただけたら光栄です。
こちらこそ、ありがとうございます!

ほんとうは自分でツイッターをすればいいんでしょうけど、
なかなかそこまで管理できる自信がなく……。
だから、そうやって紹介していただけると
とってもうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2014/05/16 19:25 ] [ 編集 ]

またあとで来まーす。

スージーさんとシトラさん、またあとで来ますね。
すみません。

でも、シトラさん!
パンツは履いてっ!
頼むからっ(笑)。
[ 2014/05/16 19:26 ] [ 編集 ]

ファンのみなさんのファンです

翻訳ありがとうございました。お疲れ様でした。
心が見える文章に仕上げるcocoさんの才能には感動です。

そして、やはり最高なのは「…切り取り線…」です(笑)
なるほど~「念写」ってのは、あんな写りなんですね~。
もう、オチが面白すぎです!

最近、結弦くんをテレビで観る機会もなく淋しいですが、cocoさん始め結弦くんのファンの方のファンになって喜んでいるという不思議な現象に陥っています。
cocoさんブログの人気も急上昇ですね。
スターはコメント返信の心配はご無用ですよ。
ぜひまた素敵な翻訳、面白いブログ更新を楽しみにしています!
[ 2014/05/16 19:52 ] [ 編集 ]

みーこです

今回もまたまた素晴らしい翻訳記事、ありがとうございました。
他の方々のコメントに、すべて、激しく賛同!
なので 私からは 一言

「さすが我らがcocoさん、前振り、オチなしの記事も(意外と)
かっこいいー!!」

とのみ、書かせていただくつもりでしたが……

なんと!なんと! 夕食のカレーを食べている間に、まさかの記事あとでの前振り追加!

無いと思っていたパンツが洗濯機の横に落ちていたのを見つけた感じ?

し、しかも、私の目撃談が 太字で!(感涙)

私こそ、何か、夢をみているよう…
2枚の 念写 も、私には「これぞ羽生選手の美しさを如実にあらわしているわ~」とうっとり見とれてしまう出来。
コアな羽生ファンの心をわしづかみの念写。
需要は大いにあると断言いたします!
[ 2014/05/16 21:57 ] [ 編集 ]

みなさま、こんばんは♪

おちよさま

はじめまして! 爆笑していただけてうれしいです。
エキサイト先生、翻訳してくださるんですね。
知りませんでした。
でも、そのせいで冷たい人間に見えるっておかしいです。
そうか、今度、私もブラック・オーサーで訳してみようかな(笑)。
オーサー・コーチ、ほんとうに選手の気持ちに寄り添えるすてきなコーチだなあと思います。

リリィさま

ようやくクリケット三兄弟の話(しかも、来季の話)が出てきて、うれしいです。3月のインタビューをなぜいま載せるんだろうとふしぎに思いますが、載せてくれてうれしいです。

私も羽生選手からどんどん興味が広がっていって、いろんなことが知っていけて、楽しいです。やっぱり、興味があるのは人間だから。私もきょう、SOIの録画を見返して、パトリック選手の笑顔をみて、なんだかほっとしました。

あと、アイスネットの記事、読んでから検討させてくださいね!

あいさま

いえいえ、私のおかげなんかじゃないですよ〜。オーサー・コーチの優しい心があいさんの優しい心と響きあっているんですよ。

そう、ふたりともボーカル入りになるんでしょうか。個人的にはハビエル選手はボーカル入り、すごく似合いそうだけど、羽生選手はどうなのかなあと思っていますが、クリケット・チームなら、彼の新しい、はっとするような面を引き出してくれるにちがいないので、楽しみに待ちます。

あいさんの書いてらっしゃること、わかる気がします。「顔で演技する」ことが許されるのって、ほんとうは一部の選ばれた人だけのはず。でも、そのほうが楽で、しかも全力で演じてる気になれるんでしょうね。ただ、こればかりは努力という以前に、生まれ持った才能が必要な気がします。羽生選手はたぐいまれな才能があるうえに人並みはずれた努力を積み重ねていますからね! だれもかないません。

糊が弱かった、アレですか……ぜったいだいじょうぶですよ!
心配しなくても、ちゃんと届いてますよ。
そして、すでに読んでくれていると思いますよ!

うぐいす餅さま

ほめてくださってありがとうございます。ご紹介もうれしいです!

sisterさま

はじめまして! どきどき。だ、だいじょうぶでしょうか? 私、合格ですか?(笑)プーさん、げんかつぎでないとすると、ライナスの毛布でしょうか? いや、ソチ入りしてた時点で、もう無二の親友……?

私もオーサー・コーチのこのぶれない姿勢、とってもすてきだと思います! ますます尊敬します。

こゆなさま

抜け殻になるの、わかりますよー。
私もこの記事が出るまで、そうでした。
でも、なにかしてると気がまぎれるんですよね。
とはいえ、なにかで忙しくしていないと、屍状態というのもどうかと……。
PIWに行けたのってほんとうに幸せで、恵まれているはずなのに、行けたせいでかえってさみしくなったりして、自分って欲張りだったんだなあと日々、感じています。なんていうか、自分の心の奥底に静かにたまっていた濁ったものが一気に吹き出してきた感じ。気づかなければ気づかずにすんだはずなのに。でも、せっかくだから、私はその自分の醜さと、とことん向き合ってみようかなと思っているところです。つらいときはいつでもメールくださいね!

スージーさま

元彼、あのショーに出てらしたんですね! 今度、動画、探してみます。
ふふふ、羽生選手はまだまだ追いついていないけど、伸びしろがたっぷり、あるところが魅力なんですよね。次にどんな顔を見せてくれるかわからなくて、いつもびっくりさせられて。富山もいっしょなんですね。あー、行きたいなあ。もちろん、羽生選手はたっぷり刺激を受けて、ますます燃えちゃうでしょうね!

たしかにボディ・ランゲージでわかるってすごいことですよね。言わなくても伝わるなんて。ほんとうに、私もオーサー・コーチの手を握って、よろしくとお願いしたいくらいです(笑)。

シトラさま

こちらこそ、読んでくださってありがとうございます。お風呂から上がってパンツがないって、そこまで!!?? えっと、これ、喜ぶところでしょうか?
ともかく、ありがとうございます。
パンツがないと困ると思いますので(笑)、前振りをあとにくっつけました。だけど、はっきり言って、読むほどのこともない、くだらない話ですよ?(←いまさら……^^;)

来季のプログラム、もう待ちきれないくらい楽しみです。それぞれの個性のいかされたものになるのはまちがいないので、首を長くして待っています!

みぽさま

そんなふうにほめてくださってありがとうございます!
あ、切り取り線、受けてよかったー。
思いついたとき、子どもみたいにわくわくしながら書きました。って、裏話して、どうする(笑)。

そう、念写というのはこんなふうに写るんですよ。知らなかったでしょう? はい、私も知りませんでした……。一応、私のスマホ、かなり上位機種なんですよ? まあね、しょせん、念写ですからね……。

ファンのファンだなんて、そんな(照)。
スターだなんて、ほんとにとんでもないですよ。
(ああ、ここでなにかスターという言葉がらみのオチを入れたいのにどうしても思いつかない! 思いついたら、次回!)
この辺境の地での、くだらない妄想話によくついてきてくださるなあと、逆にみなさんの優しさに感激です。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
[ 2014/05/16 22:10 ] [ 編集 ]

みーこさま、こんばんは♪

夕食、カレーだったんですね。
いいなあ。
おいしそう♪

そして、またパンツ!!
なぜパンツ!!(笑)
でも、見つかってよかったです。
ないと困るもんね(笑)。

そうだ、勝手にコメント使わせていただいてすみません。
あまりにおもしろすぎて、使わずにいられませんでした。

そして、まさか、この念写で喜んでいただけるとは!
みなさんの懐の深さに感激です。
これからもますます、念写力に磨きをかけるべく、精進します!(←だーかーらー、いらないってば)
[ 2014/05/16 22:34 ] [ 編集 ]

まさにのぼる旭日の勢い!

cocoさん、アイスネットのインタビューのリクエストなんだけど、
どうやら、ブライアンがマインドコントロールアプリ(笑)を発売する金儲けの話らしくて、
cocoさんの趣味に合わない話かも。

興味のない話題だったら、リクエストは遠慮なく没にしてくださいね。
いつも私のわがままなリクエストを聞いてくれて、ありがとう。
だから、ひとつくらい没になっても、もんくは言えないわ。

それと、今日も、こすもさん・アリスさん・まささんがcocoさんのこの記事にリンクを
張ってくださっていましたよ。今日もまた、リンク三冠王、おめでとう!

ツイッターでも皆さん拡散してくださって、
リツイもお気に入りもたくさんついていて、すごいです。

cocoブログ、まさにのぼる旭日の勢いだね。

このコメントに返信はいらないからね。
いつも丁寧な返信ありがとう。
cocoさんをいつも応援しているよ!!v-218
[ 2014/05/16 22:58 ] [ 編集 ]

きらきらで才能爆発

こんばんは。

ブライアンの素晴らしい記事を読んで、「クリケットは奇跡のようなクラブだわ!」と嬉しさでいっぱいになりました。

「ふたりは互いを敬い、尊敬している。これ以上の関係があるかい?」

なんてすてきなユヅ&ハビ☆ そういう関係に育ててくれているのが
ブライアン・オーサー・コーチなんですよね・・・。
フルネームでお呼びしてしまいます(最敬礼!)

本気で人を引き受けるって、大変なことですものね。
スケーターの気持ちを芯から理解しようとつねに目を配り、
ひとりひとりの思考や個性を大切にしながら引き上げる―。
練習風景の動画の、あんなシーン・こんなシーンが浮かんできました。

こんな素敵な記事を読ませてくれて、
cocoさん、ありがとう! 

しかも、驚くスピードで仕上げてくださったんですね。
やっぱり、羽生選手のにっこりきらきらで 
cocoさん、ナニモノカに変化を遂げてしまったのでは…。

念写の実力も、恐れ入りました!

どうかカナダの羽生選手とクリケットの仲間たちを活写してください~。

[ 2014/05/17 00:13 ] [ 編集 ]

念写!

こんばんは。またまた爆笑してしまいました。
みーこ様の発想も素晴らしいです。命の恩人なのに締め上げられる
かわいそうな女医さん。(でも、同じ立場なら私も締め上げるかも?)
念写って、ついに超能力のレベルにまで達してしまいましたね。
切り取り線にも笑いました。
オーサーコーチ、いいですねぇ。選手それぞれの個性に寄り添ってて。
cocoさんの翻訳、ほんとステキです。英語の能力はもちろんですが、
日本語がしっかりしてないとできないなぁ、と尊敬しています。
念写もできる優秀な翻訳家…。でも、念写と翻訳、同時に活かせるって
どんなシチュエーション?想像できません。
羽生選手、きっと張り切ってバリバリ練習してるんでしょうね。
ボーカルってどんな曲でしょう?ドラマチックなオペラ?
かっこいいジャズ?6月のショーで披露してくれるかも♪と期待して
しまいます。
しばらくメディアへの登場はあまりなさそうですが、docomoのCMが
ささやかな喜びですね。私は長年のdocomoユーザーで、来週末、
ついにガラケーとさよならしてスマホデビューの予定です。
できるだけ安いプランにはしたいのですが、もしも最新機種に
何か羽生選手がらみの特典がついていたりしたら、血迷って
高くても決めてしまうかもしれません(笑)。
他の方も仰っていますが、このコメントの返信はお気遣いなく。
また楽しい記事をお願いします。では、おやすみなさい。
[ 2014/05/17 00:32 ] [ 編集 ]

プーさんはね、

明らかにライナスの毛布ですよね!(笑) で、頼っている割に扱いが雑なのがなんともゆづる君らしくって大好きです♪♪

coccoさん、大合格ですよ!!プロでも堂々と誤訳をする方もいらっしゃいますからね(苦笑)。

あと、細かくて申し訳ない!私のHN、小文字始まりのsisterなんですよ。
これは、英米人のメールやTwitterでのニックネームが小文字で始まるのに倣っているのです(まあただ大文字で打つのが面倒くさいだけなんでしょうけどねw)。

これからも期待してまーす♪♪
[ 2014/05/17 00:41 ] [ 編集 ]

パンツは大事です(笑)

安心してください!
ちゃんとパンツはきました(笑)
それと、ついに念写の域にまで・・・。
笑い事では無く、実は!本当に念写だったりして・・・。
今、ため込んである2011年からの、試合やショー・ニュースのDVDを見返してます♪
目にしっかり焼き付けて、私も今から念写頑張ります(笑)
そして、cocoさんが無事、ゆづ王子のkissで昇天・・・ではなく、退院出来ますように祈ってます。
あの綺麗な手で、そっと眠っているcocoさんの髪を耳にかけ、そのまま頬を撫でて顎を持ち、ついにcocoさんと・・・。キャーキャーもうこれ以上は私の心臓が持ちません!!妄想が止まらない(笑)
[ 2014/05/17 02:27 ] [ 編集 ]

念写!

cocoさん!!
最高!!
オーサーコーチの記事に今日も感動して、前振りはい来るかな~と楽しみに待っていたら(そこ待つところ!?)まさかの前振りが後に来るというお洒落さ(切り取り線つき)。

そしてまさかの
念写!

家族のいる前でつい見てしまい、笑いが止まらなくなり、超あやしまれちゃったじゃないですか。

すばらし過ぎます!もう、私の妄想劇場は吹っ飛んじゃいました。

私のスマホにも念写送って!
[ 2014/05/17 02:41 ] [ 編集 ]

羽生ブログ業界の風雲児、その名はcoco!!

本日付けFC2ブログのランキング、cocoさん、なんと2位です!!

強力な上位2つの嫌韓ブログに割って入るとは、これはもう、「革命」と言っていい。

ツイで拡散してくださった、うぐいす餅さん・Bluecosmosさんをはじめとする方々、
リンクを張ってくださった羽生業界三大ブログのブログ主、
こすもさん・アリスさん・まささん、
そして何より、このcocoブログをご愛顧くださった一般の読者の皆さんに
宣伝部長兼応援団長の私からもお礼を言います。

ブログ開設2か月足らずで、羽生業界一の英文翻訳ブログになられた
まさに「風雲児」のcocoさん、

あなたの翻訳の実力と誠意あるブログ運営、ユーモラスなお人柄を
心から称賛するものです。


宣伝部長兼応援団長のリリィより。

ランキング2位の証拠はこちら。今日中に見てね。
http://blog.fc2.com/subgenre/261/
このランキング、スクリーンショットを念写するっきゃないと見た(笑)!
[ 2014/05/17 08:10 ] [ 編集 ]

世紀の大発見!

「やっぱり羽生選手のにっこりきらきらでcoco
さん、ナニモノカに変化を遂げてしまったのでは…」

ゆかさん、それノーベル賞級の発見かも?!

……
我らがcocoさん、「にっこりきらきら」という羽生選手からの
超ど級ストレスを加えられ、その体内細胞がついに緑色に発光。
スタッ○細胞の存在を リケ○よりも早く証明してみせた。

ネィチャーに載るであろう論文は、いずれご本人のcoco
さんから翻訳記事が出されるもよう…

……

ほんとに、ごめんなさい。
私も 妄想がとまらない~
[ 2014/05/17 08:34 ] [ 編集 ]

2位!

こんにちは。ランキング見ました。すごい!
「翻訳の実力と誠意あるブログ運営、ユーモラスなお人柄」
まさにその通りです。
そしてこういう温かいブログが上位になったことがとても嬉しいです。


ところで、すみませんハビについてなんですが、とても良いインタビューがあったので紹介させて下さい。(宣伝申し訳ありません)

外国で指導を受けるということ、初めは英語ができず、どんな風に指導を受けたのか、スケートや生き方への考え方など、とてもよく表れています。
読み始めた時は子供時代のエピソードに大笑いしたのですが、後半になるとぐっとくるものがありました。
http://vamosjavi.seesaa.net/article/397224284.html
[ 2014/05/17 13:27 ] [ 編集 ]

みなさん、オモシロすぎです

ちょっとcocoさん、後だし前フリ、反則ですよお~。
私が最初にお邪魔した時にはなかった、この爆笑念写。
あまりの面白さに再コメごめんなさい。
前のコメにお返事ありがとうございました。
私も、ハビ選手はボーカル入りが似合って、
羽生選手は…って思っていたんです。
でも、外国語の曲ならいいかな~?とも。

いや~、前の記事のこおりの写真も、
ひょっとしたら羽生選手の影じゃなくて
cocoさんのナニモノカ(byゆかさん)の影だったのでは…?

というか、皆さんのコメントがオモシロすぎです!
シトラさん、お風呂上りにパンツがないと衝撃ですよね。
そのぐらいの衝撃ですよね。わかります。
みーこさん、ないと思ったら洗濯機の横にパンツってwww
見つけはしたものの、ホコリが気になって、
そのまま履こうか洗濯しようかちょっと迷いますよね。
みーこさんはとんでもない光景を一部始終目撃されていたそうで、
貴重なルポありがとうございました。
だれか、女医さんを安全な場所に避難させて!

cocoさんブログ、日本中に笑顔を届けていますね。
気分がすっきりします!ありがとう。
しつこくお邪魔してすみません。
こっちには絶対返信いらないですからね。
[ 2014/05/17 17:38 ] [ 編集 ]

cocoさん、ありがとう♪

こんばんは☆

cocoさん、お返事ありがとうございます。
cocoさんと同じ気持ちで、何かしていないと虚しくなりますね。
でも、この空虚感は結弦君ではないと埋められないんですよ~~。
また結弦君に会いたいですよね ~!!!

でも、cocoさんの「念写」にウケて、すっかり元気になりました(笑)
かなり念が入っていましたね~。

皆さんのコメントも楽しくて、沢山元気を貰いました♪

ありがとうございます。

またお邪魔しますね。

[ 2014/05/17 21:08 ] [ 編集 ]

パンツ! パンツ! パンツ!

ちょっとちょっと、私が1日、留守にして、ネ◯チャーに載せる論文の翻訳に追われているあいだに、なんの話でもりあがってるんですか!

パンツ!?
まだパンツ!!??
いつまでパンツ!!!???

もうね、そんなにパンツの話がしたいのなら……



やっぱり、ここでお願いします!(笑)
もー、みんなおもしろすぎます!!!

リリィさま

あのインタビュー、やっぱりそういう内容だったんですね。ちらっと読んだとき、ん?と思って、あとでゆっくり読んでからお返事しようと思っていたんです。だったら、ごめんなさいー。

ランキング、しっかりと念写しました!
教えていただくまで見てなかったです。
ありがとうございます!
そして、リリィさん、いつもいつも応援してくださってありがとうございます。
どうして私のことをそんなに応援してくださるのか、ほんとうに不思議ですけど、ただお礼を言わせてください。
ありがとうございます!

でも、今回はあちこちでリンクしていただいて、はじめての方が複数の記事を読んでくださったからだと思います。あとはもう、まちがいなく坂を転げ落ちるだけですよ。葛西選手並みの華麗なジャンプで一気に滑降しますので、よろしく〜♪

ゆかさま

ふふふ、ここはやっぱり、ブライアン・オーサー・コーチと、フルネームでお呼びしちゃいましょうかね。
最敬礼で!
ほんとうにまさしく奇跡のようなクラブだと思いました。
コーチ陣も、仲間も。
私もクリケットの練習風景の動画、すごく好きなんです。
いろんなシーンが思い浮かびますね。
羽生選手とハビエル選手が仲良くしている姿とか、羽生選手がジャンプで転倒して顔をしかめてるところとか(すみません、羽生選手のしかめ面、なんだかぐっときてしまって。彼の闘争心がちらっと表れるからかな)。
だけど、この念写力、肝心なときにはまったく役に立たないんです。
申し訳ない。

そのナニモノカ……おそらく、それはものすごくまわりに迷惑なナニモノカですね……。
いまのうちにウルトラマンガイアを呼んで、退治してもらったほうがいいかも。
その場合、もちろん、ナカノヒトは羽生選手でお願いしまーす♪

yumiyumiさま

いえいえ、私が一命をとりとめたのは、女医さんのおかげじゃなくて、AED係のakiさんのおかげなんですよ。女医さんは肝心な場面を阻んだだけ! だから、病院裏か屋上に呼び出しで締め上げ、で正解なんです!(笑)

たしかにジャズやオペラなら、ありかも!
はじめて具体的に想像できました。
6月のショーで披露してくれたら、また死にます……。

ついにスマホ・デビューなんですね。
私も長年のdocomoユーザーなのですが、はじめてdocomoでよかった、と思いました。
そして、もし最新機種に羽生選手の特典がついていたら……
私もあしたにでも機種変に行きます!
まだ機種変して半年たってないけど、それはもうしかたありません。
docomoさんは仙台のパレードのスポンサーにもなってくれてましたから、
これからも大切に使わせていただきます♪

sisterさま

HNの件、小文字ではじまるの、わかっててまちがえてしまって、すみません〜。というのは、いつもWordでお返事を書いてからコピペして書き込むんですね。で、Wordって行頭の英単語の頭文字を勝手に大文字に直してくれるじゃないですか。コピペしたあとに順に直していくんですが、直し忘れてしまったみたいで……。Wordだとかえって面倒だとわかり、きょうからテキストエディットを使うことにしました。これでだいじょうぶなはず。あとは私の脳みそ次第(笑)。

やっぱり、ライナスの毛布ですよね! でも、ぞんざいにオーサー・コーチにぽいっと渡したり、キス&クライで話しかけるなという顔でぼんっとオーサー・コーチとのあいだに置いたり……戦闘モードに入ると、そんなふうに感情がむきだしになるところが好きです〜。オーサー・コーチのほうがよっぽど丁寧に扱ってくれてますよね。位置整えて、上からタオルかけたり……(笑)。

えっと、期待にこたえられるかどうか、自信はありませんが、がんばりまーす♪

シトラさま

あー、パンツ履いてもらえてよかった!
もう私のせいでノーパンになっちゃったら、どうしようかと。
どうやって責任とればいいのかと(笑)。

3年ぶんもDVDがあるんですか?
それはしばらく幸せに暮らせますね♪

それより、シトラさんの妄想、刺激が強すぎますから!
私の心臓、マジでもたないから!
……って、もう止まってるんだった。
じゃあ、だいじょうぶだ。

退院……できますかね。
世界平和のためには、このまま、眠りから覚めないほうが安全なような気がします。
めざめたら、まちがいなく、あばれる……。

きのママさま

前振り、待っててくださったなんて、感激です。
いらないだろ、と自分にツッコミつつ、書かずにいられない、この悲しい性(さが)。
ご家族のみなさま、不審な思いをさせて、ごめんなさい(ぺこり)。

いま、念写送りましたよ!
届きました?
過去最高の出来のはずですよ!
それはもう、ぼっけぼけで、輪郭しかわからないレベルの!(←それは、いつもと同じ……)

みーこさま

おかげさまで、きょうはネイ◯ャー論文の翻訳に追われて、大忙しでしたよ。
緑色に発光してるから、おちおちそとにも出られなくて……って、
みーこさん、あいかわらず、おもしろすぎます!!
最高です!
記事より、みなさんのコメントのほうがおもしろいって、ある意味、俺得なブログ?(笑)

うぐいす餅さま

いえ、ぜんぜん私の実力じゃなくて、実力のあるブログ主さまやツイッター主さまがリンクしてくださったおかげですので、逆に私のほうがうぐいす餅さんにお礼を言わなきゃいけないんです。
伝えたいと思う記事が、読んでみたいと思ってくださる方に伝わったということが、なによりうれしいです。
ありがとうございます!

インタビュー、どんどん宣伝してください〜。
あとで読ませていただきますね!

あいさま

いやー、このすてきな記事に私のどうしようもない前フリをつけるのはあまりに申し訳ない気がして、今回は後フリにしました。それなら、読みたくない人は読まなくていいでしょう? 私の前フリを読まないと翻訳文にたどりつかないなんて、ちょっとだまされた気がしません? 無料だから見ていって、と言われて入った展示会で、必要のない高いモノを買わないと帰してもらえなかった、みたいな(笑)。

ほんとうに、みーこさんに教えていただかなければ、まさか自分がこんな事態に陥っていたとは思いもしませんでしたよ! びっくりです。で、女医さんはいいの! 今回はお説教なんかじゃ、すまないんだからね!

そうか、あの氷写真、実は羽生選手の影ですらなかったという……。
っていうことは、やっぱり、心霊写真ですか……?
ぞぞー。
自分の実力が怖い……。

洗濯機の横のパンツは悩みますねー。
どうしよう。
やっぱり、ここはもう一度、洗う派ですかね、私は。
え? そんなこと、だれも聞いてない?

こゆなさま

ええ、もう「念」だけはしっかりとこめました。
でも、「念」なんかより、「震えない手」が欲しい……。

少しでも笑ってもらえたならうれしいです。
空虚感は……たしかに彼でないと埋められないですね。
きっとあの瞬間が幸せすぎたんですよね。

でも、彼がいないいま、それを埋めるためにできることがあるとすれば、こゆなさんがご自分にちょっとしたご褒美をあげることじゃないかなと思います。
1日、なんにもしないでだらだら動画ばっかり見ちゃう休日とか、
きれいな薔薇1輪とか、
なにかご自分にご褒美をあげて、甘やかしてあげたらいかがでしょう?
たとえ形だけでも、幸せな型に自分をはめこむと、むなしい毎日の中でもほんのひととき、幸せな気分が味わえるかもしれませんよ。
そうやって指折り数えているうちに、また羽生選手は日本に戻ってきてくれます。
それまでは、いっしょに泣いたり、空虚感にうちひしがれたりしながら(笑)、楽しみに待ちましょうね!
[ 2014/05/18 00:08 ] [ 編集 ]

みなさま、すでにご存知かもしれませんが…

こんばんは。
こんなニュース拾ってきました。みなさま、きっと私より
情報キャッチ早いかと思いましたが、いちおうお知らせをと
思って。まさかの生放送みたいです…。
http://www.bs-asahi.co.jp/fantasyonice/
[ 2014/05/18 00:38 ] [ 編集 ]

きゃーーーー!

yumiyumiさん、教えてくださってありがとうございます!
生放送なんて信じられないっ。
うれしい〜。
予約しないと……って、まだできないか。
これでひとまず、来月までは生きていけそうです。
やったあ!
[ 2014/05/18 01:00 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめましてcoco様
楽しい記事ありがとうございます。念写うけました 笑

羽生くんが大好きすぎて、
毎日毎日動画ばっかりみています。
仕事と食事と睡眠以外はずっっとです。
何時間も・・・

なんにも他のことが手につかず、もはや悩んですらいます(汗)

これからもcocoさんのブログ応援してます!
[ 2014/05/18 01:16 ] [ 編集 ]

初めてです

coco様はじめまして

最近こちらのブログをのぞかせていただいています。
ゆづ君の八戸チケットをゲットされた辺りからです。「弾丸ひとりツアー?」など、わくわく読ませていただき、うらやましい限りです。 

質問ですが、あの時のゆづ君のお肌はやっぱりつやつや美肌でしたか?ひげなんてありませんでしたか?あるいは、そんなの見てる場合じゃなかった!・・とかですか?
まじかで見られてから何か心の変化など、いろいろ聞いてばかりですが・・。  
お花やプレゼントを手渡しできるのは、八戸だけなんですかね。
当日のゆづ君が、伊勢丹メンズ館の紙袋を持ってる写真があったので、服のプレゼントかなと思いました。お手紙もちゃんと読んでくれるみたいですね。

これからも楽しく読ませていただきますので、無理のないよう続けてくださいね。


[ 2014/05/18 15:40 ] [ 編集 ]

アタシって、アヤシイ人!?

cocoブログの「宣伝部長兼応援団長akaおせっかいやきババア」のリリィです。

私がcocoブログを応援するのは、cocoさんの見事な翻訳を
1人でも多くの方に読んでいただきたいからです。

翻訳文の行間から、また、誠実なブログ運営からあふれてくる
cocoさんの人間性のファンだから、応援しているわけでもあります。

ただ、やはり見ず知らずの間柄でもあるので、cocoさんには、

キレイな言葉で言えば「ある意味、奇特な人」、
フツーに言えば「何やら少し、変わった人」、
ハッキリ言って「なんだかちょっと、アヤシイ人」、


と思われている様子。

実は、私は、cocoさんが翻訳文をご紹介くださっていた最初のころは、
ここまで短期間で羽生業界一の英文翻訳サイトに下剋上・飛び級出世するとは
夢にも思っていませんでした。

失礼ながら、ブログ運営の初心者であるようにお見受けしたし、
一生懸命なさっているのに、他の有力サイトの翻訳家さんたちに押されているようで、
なんだか、ゾウ(有力サイトの翻訳家さんたち)の中にアリ(cocoさん)がまぎれているようで、
判官びいきの私は、大いに応援欲をそそられたんですよね。

cocoさんを一人でほっておけなかったです。
やっぱり私はおせっかいやきなのかな。・・・って、そのものだよね(笑)。

そんなわけで、私も必死にcocoさんを応援していたけど、
もう私の必至の応援も必要ないほどのVIPになられて、
今のcocoさんが、まぶしいよ。

これからは、私も適度な応援を心がけますね。
すごくお世話になっている、こすもさんのブログには、
cocoさん本人が行かれるより、第三者の私が行ったほうが
いろいろとスムーズかな、と思って、更新のお知らせは、
これからも私のミッションとしてやらせていただきますね。

そういえば、リプちゃんの記事の時のことだけど、
ユーリさんがツイッターに載せてくださったけど、
ユーリさんのフォロワーって3000人以上いるんだよね。
それにリツイが50くらいついていたから、
あの時もたくさんの方たちに読んでいただけたと思うよ。

私の応援が必要ないくらいの有力サイトの有名ブロガーになった
cocoさんが、まぶしくて、見てると萌え禿げそうだよ!(笑)


>みるくさん

スケーターたちとふれあいがあるのは、
プリンスホテル系列が主催するアイスショー、プリンス・アイス・ワールドだけです。

だから、いつまでもゆづ君がPIWに出てくれれうように、
マナーを守って、ふれあいでの行動をしたいものですね。
[ 2014/05/18 17:23 ] [ 編集 ]

みなさま、こんばんは♪

たけのこさま

はじめまして!
ああ、それは悩みますよね……最初は。
でも、それ、ふつーですから。
仕事と食事と睡眠はとれているんですよね?
じゅうぶんです!
すばらしいです!
私も悩みましたよ、最初は。
ちょっとヤバイんじゃないか、と。
でも、だいじょうぶ。
ご同病の方がここにはたくさんいらっしゃいますから。
安心して廃人化へと突き進んでいきましょう!
おーーーーー!!!
(だ、だれかフォローして……笑)

みるくさま

はじめまして!
コメントありがとうございます。
はい、弾丸ひとりツアー、行ってきました。
夢のようなひとときでした。

ご質問についてですが、ご推察どおり、この節穴の目にはなんにも見えておりません!
ごめんなさい(笑)。
ただ、ほんとうにきらきら輝いていました。
そして、あとから隣の方が撮られた写真を見せていただいたら、もうお肌の美しいこと。
まさしく毛穴レス。
髭どころか、髭剃りあとらしきものも見当たりませんでした。
そして服をプレゼントされている方、たくさんいらっしゃいましたよ。
大きな紙袋をたくさん受け取ってましたから。
私もなにか用意すればよかったと思いました。
手紙すら書かずに行ってしまって、がっくり。

間近で見てから、ずいぶん気持ちは変化しました。
それについては、長くなりそうなので、次の記事に書きますね。

そして、「ふれあいタイム」があるのはリリィさんが書いてくださっているとおり、PIWだけですので、今年は八戸だけです。
だからこそ、なにがなんでも行ってしまいました。
そのわりにね、写真があれですけどね……。

リリィさま

いえいえ、怪しい人だなんて、そんなことは……ちらっとしか……というのは冗談で(笑)。
そもそも「羽生業界一の英文翻訳サイト」なんかじゃありませんし。

私、以前も書きましたけど、リリィさんに救われている部分があるんですよ。
のーてんきな私ですが、たまにめげそうになることもあって、そういうときにはリリィさんやそのほかのいつも励ましてくださる方のことを思い出して、エア・カウンセリングしてもらうんです。つまりは、脳内でリリィさんたちに泣きついて、愚痴を言って、慰めてもらって、元気を取り戻す、というところまでやっちゃうの。キモいでしょ?(笑) すると、なんだか元気が出てきて、いつものcocoに戻れるというわけです。お世話になってます♪

ゾウの中のアリってうまい表現ですね!
私としては、逆に、アリなんかがまぎれこんじゃって申し訳ありません、と思っています。
だって、ほかの方たちはずっと前から誠実にブログ運営されているわけですよね。
情熱も時間もたっぷりかけて。
なのに、新参者の私が突然、現れて、その大切なお花畑を土足で荒らしているんじゃないかと思ったりしています。
はじめる前に、もうちょっとほかにどういうブログがあるのかとか、ちゃんとリサーチして、失礼のないようにすべきだったんじゃないかって。
(だからといって、どうすればよかったのかは、いま、考えてもわからないのですが)

というわけで、リリィさんの応援はいまでも、すごく心強いし、ありがたいですよ!
こすもさんへのお知らせの件も、では、これからはリリィさんにおまかせしますね。ありがとうございます!

それより、ユーリさんのフォロワーさんって、そそそそそんなにいらっしゃるんですか?
ひええええ。びっくりです。
すごい方はすごいんですねえ。
ほんと、私、世間知らずで……。
すごいです、この業界。
[ 2014/05/18 22:19 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

coco様
リリィ様 こんばんは。

私の好奇心だけの質問にお答えいただきありがとうございました。
 
ゆづ君のプレゼントに服が多いのは、巷で言われてる 私服に興味がない、あまり服持ってない? などと関係あるんですかね。
「も~。しょうがないんだから~!」って感じで・・・ちょっと彼女気取り?(妄想しそうです)

ではこのへんで、ありがとうございました。



[ 2014/05/18 23:53 ] [ 編集 ]

みるくさま

つまり私服がダサ……じゃなかった(笑)、あまり頓着しないらしいことから、ついついプレゼントしたくなるんじゃないでしょうか。
私も、みんなが服らしきものをプレゼントしているのを見て、
絶賛妄想中です。
ポール・スミスの細身のTシャツとか、どうだろうかとか。
まあ、いろいろ考えはしますが、ふつうの無地のTシャツがいちばん似合う気がします。
だって、素材が完璧だから!!!

さいきんはビームスとか、アルマーニとか、着てますよね。
プレゼントなのかどうかはわからないのですが、八戸で服のサイズを聞かれてもちゃんと答えられなかったそうですから、自分で買ってないのはたしかかも。以前、Mと書かれたシールつきのパーカー、着てたことがあるのにね(笑)。

それで気持ちの変化ですけど、会えて幸せ(ハッピー!)→現実に戻る(がっくし)のジェットコースター状態でした。というか、まだそれが続いています。なんでしょうね、ぜったい手が届かない、ただひたすら応援するだけの相手で、それがあたりまえだったのに、いざ目の前にすると、自分の中に生々しい感情がわいてきてしまって、ぞくっとしたというか。たとえば、サインは禁止なのにそれでも頼む人はいるんですね。で、それを非難することは簡単なんです。好きな選手を困らせるなんて、とか。でも、じゃあ、自分とその人となにがそんなにちがうのかというと、実はちがわないことにぞくっとするんです。だって、根本にある好きな気持ちは同じだから。だから、来年、PIWがあれば行きたいけど、だれか横で私がなにかしでかさないか、見張ってて〜って思ったりします。まあね、私の場合、なにかしでかす前に心臓が止まるタイプだから、だいじょうぶとは思いますが、歳を重ねると、だんだん心臓にファーが生えてきますからね。自信ないです……。
[ 2014/05/19 00:37 ] [ 編集 ]

おはよーございます

cocoさん 翻訳ありがとうございます。
記事読んでて オーサーの一言一言 全部に コメしたくなりました。←なのに今ころのコメf^_^;)

週末、京都・大阪に行ってきました。
お天気良くて 青もみじの京都 良かったです。
関大に用事があり"栄光の軌跡 特別展"も行ってきました
高橋選手のソチ衣装と町田選手の火の鳥2パターン衣装 感慨深くみてきました
[ 2014/05/19 07:26 ] [ 編集 ]

はじめまして

みなさま、はじめまして。こちらは初めての書き込みになります。
cocoさん、先日はリンクご快諾いただきありがとうございました。

初コメなのに、記事の内容じゃなくて、他の方へのレスに反応しちゃうんですが・・・

>それで気持ちの変化ですけど、会えて幸せ(ハッピー!)→
>現実に戻る(がっくし)のジェットコースター状態でした。

ああ、これよくわかります。私は世選とSOIしか行ってないので「観た」だけで「会って」もいないのですが、それでもジェットコースターでしたから(今、いちばん下でノロノロ徐行運転。そのまま地面に食い込みそう)。「会って」しまったら急降下して大変なことになりそうです(笑)。

で、上のコメ読んで、cocoさんって本当に素直で正直な素敵な方だなぁ、って思いました。ああいう場でのサインとかも必死で自制してる人はたーくさんいると思うんですよ。だからこうやって別のところでいっぱい話したいから、みなさんがここに集まってるんだなって。いまさらですが。

私も今後入れていただけたらうれしいです♪みなさまよろしくお願いします。
[ 2014/05/19 09:01 ] [ 編集 ]

念写いただきました

cocoさん、ありがとうございます。
過去最高の念写いただきました。
なんと、昨日、ゆづくんが夢に初出演してくれました。
私、みたいと思う人の夢はまず絶対に見ないので(悲しい・・)
これはすっごく貴重なことです。cocoさんの超能力のおかげです。
ぜひ、毎晩お願いしますね(うふっ)

でも、夢の中のゆづくんは何故か中学生くらいの少年で、
なんか私はその辺の子ども達のお手伝い?か何かしていて、
何やらレッスン料だか参加費だかをまとめて預かって払いに来たんですけど
ゆづくんが「あ、忘れた!おばちゃん1000円貸して払っておいて!」
と言うのです。もちろん、いいよいいよ〜って払ってあげるんですけどね。
なぜ、おばちゃん? なぜ1000円(安っ)?
突っ込みどころ満載ですよね。
cocoさんの超能力がパワーアップして、もっと素敵な念写がやってきますように(図々しい!)それとも、あれ、わざとそういうの送った?

家族に怪しまれた件で、cocoさんに謝っていただいてしまい申し訳ないです。
常にふつーに怪しいので、cocoさんのせいではないです。こちらこそごめんなさい。
でも、本当に心から笑顔になれました。cocoさんの震える乙女心そのものですね!
私もSOIの白T&にこっ、には相当な破壊力でやられてしまいましたが(TV越しですら、です)やっぱりもうゾンビなのかもしれません。cocoさんがス○ップ細胞として自らを、またゾンビの同士を救いに来てくれることを待っています(って、どんだけcocoさん頼み?)


[ 2014/05/19 14:52 ] [ 編集 ]

こんばんは♪

Rieさま

うわあ、京都と大阪に行ってらしたんですね! ほんとうにいいお天気だったから、楽しいひとときになったでしょうね。京都はいつ行ってもいいですよね。私も大好きです。

「栄光の軌跡 特別展」に行ってらしたんですか! facebookで見ました。町田選手のメダルも飾られているんですよね。衣装、実際に見ると、すごく凝っているんでしょうね。とくに火の鳥。私も見てみたいです!

蒼森さま

こんばんは! こちらこそ、先日はメールありがとうございました。

ほんと、ジェットコースターですよね。私もあれを「会った」と言い切っていいのかどうか、かなり疑問です。ただ目の前で震えてただけです……というと、かわいすぎますね。実際は、単にキョドってただけです。気分はいまが底かなーと思っています。底まで行けば、あとは這い上がるだけ! ……のはず。

ぜんぜんすてきなんかじゃないですよー。いまだ自分の中のぐつぐつ煮えてるものと格闘中。でも、そういうところにもし共感してくださる方がいらっしゃるなら、とってもうれしいです。こちらこそ、これからもよろしくお願いします!

きのママさま

えーっ、まさか私の念写がそんなに効果があるとは!
はいっ、こ、今晩もがんばりますっ(笑)。

おばちゃんも1000円も、シチュエーションがやたらリアルでおかしいですね。しかし、なぜ中学生……惜しいっ。じゃあ、今夜は高校生バージョンで、あしたは大学生バージョンということでいかがですか? 念をこめておきますね(笑)。

でも、夢に出てくれるなんていいじゃないですか! 私なんて、ひどい夢なんですよ。以前、akiさんが夢の話を書いてくださったときに書こうとした話なんですけど、家族でアイスショーに行くんです。第1部が終わって休憩タイム。羽生選手は第2部に出演予定で、わくわく待っている、そのときに家族がなんと誘拐されてしまうんです。で、私のもとには3通の暗号文が……。その暗号を解けば、監禁場所が判明するらしい。ということで、(ああ、第2部が観たいのに……ああ〜〜)と引き裂かれるような思いで、友人たちを集め、3グループに分けて、暗号の解読にとりかかってもらうわけです。なんとか解読できて、監禁場所へ向かうと、実は狂言誘拐だったことが判明。私が羽生選手に夢中で家族のことを放ったらかしにしているのが気に入らず、狂言誘拐を試みた、という結末。ひどい夢でしょう? どうしてこんな夢を見たのか、自分ではよくわかっているんです。
1、家族にあまりに冷たくなっている自分に罪悪感を抱いているから。
2、名探偵コナンの最新刊を読んだから。てへ!

きのママさん、ゾンビ同志、強く生きていきましょー!
[ 2014/05/19 21:16 ] [ 編集 ]

感謝です

coco様、こんばんは

昨日の私の質問に、またもやお答えいただきありがとうございました。
生ゆづ君を間近で見てからの、cocoさんの素直な乙女心を知り得てよいお話しでした。

cocoさんは、幸運で何かを持っていらっしゃるんじゃないですか。
なかなか取れない八戸のチケットを棚ぼた式?でゲットされ、しかもよりによってとっても近いお席で、写真はちょっとブレちゃったけど、ゆづ君とお互い見つめ合えたり、まさにラッキーガールです!

いろいろとありがとうございました。
[ 2014/05/19 21:35 ] [ 編集 ]

みるくさん、こんばんは♪

たしかにみるくさんが書いてくださったとおり、まわりのひとに恵まれているんですよ、私。ほんとうにありがたいと思っています。

今回も通路側のお隣の方が「花束、持ってるということは渡したい人がいるんでしょう? だったら、出るときに声かけて。私がいると出られないだろうから、いっしょに出ましょう」と言ってくださって、おかげでお花を渡すことができたんです。私はたぶん、だれともなにも話していないのですが、両隣の方がいろいろお話しされていたから、その会話を聞くこともできましたし、そのお隣の方とは結局、夕食もごいっしょさせていただいて、翌日、新幹線を待ちながらお茶させていただいたり。ひとりで行ったのに、楽しい時間を過ごすことができました。

この前はロッピー待ちで古くからの羽生選手ファンの方と知り合いになり(あいにく私は玉砕だったのですが)、その方も八戸にも行ってらして、いろいろお話しさせてもらったり。どこにご縁があるか、わからないものですね。そういう意味でほんとうにラッキーガールだな、感謝して大切にしないとな、と思っています。
[ 2014/05/19 23:45 ] [ 編集 ]

は~い♪

小文字の件、了解です!!Wordは、色々余計なことをしてくれるので(笑)、私はインストしたらまずオプションやユーザー設定から余計な補完のチェックを全部外しちゃいます!!箇条書きの自動設定なんか本当要らないわ。

>プーさん
でしょでしょでしょ?(笑) 私が一番好きなのは、今年の世界選手権でSPで大失敗した後、なぜかプーさん持参でインタビューエリアに登場し、頭から湯気を出してインタビューに答えたのち、プーさんを鷲づかみにしてノシノシと登場してったシーンですwww 甘えてる割に扱いが雑だという…。プーさん、これからもゆづる君をよろしくね!!

>八戸
知りませんでした!!八戸で服のサイズ聞かれて答えられなかったんですねえ。(笑)
つか、それすごくないっすか?@@ めんどくさかったのかも知れないけどwww
私は行けませんでしたが、でっかいエルメスの紙袋でプレゼントされてた方もいらしたようですね。

あと、coccoさんが翻訳がお上手な理由、納得いきました!!Natureなどの翻訳をされているのですねー。リサーチ等大変かも知れませんが、お仕事頑張ってくださいね♪
[ 2014/05/22 13:26 ] [ 編集 ]

sisterさま、こんばんは♪

そうなんですよ、wordって勝手に考えてくれちゃうから、かえって面倒なんですよね。そうか、はずしちゃえばいいんですね! 今度やってみます。

あはは、そうでしたっけ。プーさんわしづかみでノシノシって(笑)。ちょっと確認してみます。プーさんもオーサー・コーチも、羽生選手のこと、これからもよろしく!

サイズのこと、そうらしいですよ。おかしいですよね(笑)。でも、急にきかれたから、よくわからなかったのかもしれません。いろんな人がいろんなことを急にきくから、しかたないですよね。大きい紙袋、いっぱいもらってました。手紙すら持っていかなった自分が恨めしい……。

えーっと、はいっ、ネイチャーの翻訳がんばりますっ……って、まさか信じてる人いないよね? 冗談だからね? これもパンツ話だからね!(と一応、念押し・笑)
[ 2014/05/23 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanyuthepooh.blog.fc2.com/tb.php/22-eddd9095


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。