スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Skate Canada記事訳「ナム・グエンがシニアのISUグランプリシリーズに初参戦」(2014/8/25)後半

ガーナ

きょうは赤1色の1日でしたね!
まさかの不意打ちで心臓ばっくばくでした。
きのう、HHS(廃人廃業宣言)したばかりなのに、早くも撤回することになりそうな、悪い予感に襲われています……。

赤爆弾のおかげで、あやうく後半の記事訳のことが頭の中から吹き飛んでしまうところでしたが、
ぐっと踏みとどまって、後半をアップします。

Skate Canada「ナム・グエンがシニアのISUグランプリシリーズに初参戦」後半

振り付け師のデヴィッド・ウィルソンは、ナムのフリープログラムの曲に『道』を選んだ。ナムによると、「好きな曲なんです。2010年のオリンピックではダイスケ・タカハシがこの曲を使ってるし、ジェフ・バトルも2002年のシーズンに滑ってます。ふたりのプログラムを何度も観てきたから、まねをしたくはない。だけど、ふたりがこの曲に合わせてどう滑ったかを知っているから、ぼくなりの演技ができる。すごく気に入ってます」

彼なりの演技というのはどんな内容なのだろう? ウィルソンと音楽編集の名手であるヒューゴ・シュイナード(※1)は、この有名な『道』という曲の中でも、ほかのスケーターが使っていない編曲を選ぶという賢明な策をとった。ナムにとって、それはあたかも新たな発見だった。「だから、メジャーな曲なのに、あまり知られていない曲とも言えるんです」とナム。「おかげで、興味をそそられるような、特別なプログラムになったと思います」

「『道』はおとなのスケーティングへの突破口にぴったりだよ」オーサーがそう話している。「かわいい路線ではだめだ。それでは、シニアに跳びこんでいけない。スピードとパワーが必要だ」ナムはさいきん、ジャンプの入りのスピードを上げることにも取り組んでいる。

ソーンヒルでのフリープログラムでは、3月の世界選手権で出した自己ベスト(※2)に匹敵する146.46点を叩き出した。好調な滑り出しだ。「いつもシーズン序盤の大会はひどい出来なんです」とナム。「それが、今年は初めて滑走順が遅くて(ジュニア・グランプリシリーズを除く)(※3)、新プログラムをふたつ滑って、かなりいい演技ができたと思います。まだ完璧じゃないから、もっと練習して、プログラムの細かい技のひとつひとつを磨いていかないと」

昨シーズン、彼はすでにシニアの国際大会がどういうものか、少しだけ経験している。身長が30センチ以上、伸びたというのに、四大陸選手権では10位となり、日本で行われた世界選手権では12位という快挙を成し遂げたのだ。

そして、彼はいまも成長中だ――あらゆる意味で。世界選手権以降、さらに身長が5センチ伸び、いまでは174センチだ(※4)。「今回はシニアの大会がどういうものか、わかっていたから、正面から立ち向かっていこうと思って、毎日、淡々と練習をこなしてきたんです」とナム。「それがうまくいきました。いろいろ葛藤するときもあるけど、いまはだいじょうぶです」

ソーンヒル・サマースケートで、彼はサイズ8の靴を履いていた。それが戻ってきたときには、サイズ9になっていた(※5)。ナムはいつでも、おとなの自分になる準備ができている。

※1 ヒューゴ・シュイナード:元アイスダンスのカナダ代表選手で、現在は多くのフィギュアスケーターのプログラムの楽曲編集を手がけているそうです。
※2 世界選手権でのフリープログラムの得点は147.31点。
※3 このソーンヒル・サマースケートでは最終滑走でした。
※4 計算すると174センチになるのですが、羽生選手が公称171センチ。となると、ナム選手のほうが背が高いということになるのですが、うーん……。ちなみに、国際スケート連盟のバイオには167センチ、スケートカナダのバイオには172センチと書かれています。まあ、170センチ強というところでしょうか。
※5 サイズ8は26センチ、サイズ9は27センチ。
………………………………………………………………………………………………………………………………

ソーンヒル・サマースケートでは、ショートでは3位でしたが、フリーで逆転優勝しました!
ナム選手、おめでとう〜!


フリーの演技はこちら。(すみません、ショートは見つけられませんでした)

ん? どこかで聞いたことがあるような展開……?
それはともかく、今シーズンは中国杯で羽生選手といっしょですね。
またオーサー・コーチは大忙しかな。
そのころにはこのプログラムがどれだけ進化しているか、楽しみです。
シナーマンのSPも観てみたいし、これからも応援してますから!

せっかくなので、サマースケートのころのナム選手のツイッターをいくつかご紹介しますね。

8/13「チョコチップ・パンケーキは最高」
8/15「おとなになれって言われるのがいやなんだ……みんな、自分の問題を999個抱えてるのに、どうしてそんなにぼくのことにこだわるの? ぼくはありのままの自分が好きなんだ」
8/16「きょうは試合。やるぞ」
8/17「リベンジの時が来た」
8/17「やったよ、みんな! 応援してくれてありがとう。みんな、愛してるよ」

ふふふ、おとなになれって言われるの、いやなんですねー。
そして、たしかにチョコチップ・パンケーキは最高。
でも、ガーナ・チョコレートはもっともっとおいしいですよ♪

……はいっ、安定の羽生着地でした!
ああ、土曜が待ちきれません。
そろそろカウントダウンをはじめてしまいそうです……。
スポンサーサイト
[ 2014/08/28 02:35 ] ナム・グエン | TB(-) | CM(-)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。