スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ice Skating International Online記事訳「夏期練習のために大勢のスケーターがトロントとモントリオールに集まる」(2014/8/22)

今度は羽生選手の切手の販売が発表されましたね!
写真も素敵ですし、とっても楽しみですが、
紐をなくしてしまったお財布が……ああ……。
今年は、月ヶ瀬の黒糖寒天かき氷も、なごカフェの沖縄ぜんざいも食べないまま、夏が終わりそうです……。

さて、下記の記事は読みつつ、気づかない振りをしていたのですが^^;、こすもさんからリクエストをいただいたので、訳してみました。クリケット3兄弟の部分のみ、ご紹介します♪

Ice Skating International Online記事訳「夏期練習のために大勢のスケーターがトロントとモントリオールに集まる」
2014年8月22日
クラウス=ラインハルト・ケニー著

トロントとモントリオールの2都市には、多数のリンクと優れたコーチがいるため、世界じゅうのスケーターの人気の的となっている。

オーサーとウィルソンはトロント・クリケット・スケーティング&カーリング・クラブで多忙な日々を送っている。

この豪華なクラブを訪れるのは、いつだって楽しい。中心となるふたりのコーチ、ブライアン・オーサーとトレイシー・ウィルソンの魅力に惹かれて、大勢のすばらしいスケーターがやってくるからだ。

まずは、日本のオリンピック・チャンピオン、羽生結弦だろう。彼は日本で数多くのアイスショーをこなしたあと、8月初旬にトロントに戻ってきて練習をしている。羽生の調子はすこぶるいい。彼のステップ・シークエンスは先シーズンより進化しており、高難度のエレメンツにも取り組んでいる。たとえば、トリプル・アクセル〜ハーフ・ループ〜クワド・サルコウ、そして2種類のクワド・トウループのコンビネーションだ。羽生の新しいショートプログラムの曲はフレデリック・ショパンで、羽生が日本にいるあいだにジェフリー・バトルが振りつけた。フリープログラムはデヴィッド・ウィルソンによる振り付けで(※)、ヴォーカル入りの『オペラ座の怪人』から数曲を使用している。

オーサーの2番弟子、ヨーロッパチャンピオンのハビエル・フェルナンデスは、羽生とともにアイスショー・ツアーに出演し、故郷のスペインでも過ごした。「グランプリシリーズに出場する予定はなかったんです」とフェルナンデス。「でも、グランプリ・ファイナルがバルセロナで行なわれると聞いて、気持ちが変わりました」フェルナンデスのショートプログラムの曲は1977年のラム・ジャムのハードロック、『ブラック・ベティ』だ。フリープログラムは、ロッシーニの『セビリアの理髪師』。どちらも、ウィルソンによる振り付けだ。フェルナンデスは夏の終わりにトロントに戻ってきたばかりなので、土日も含めて、毎日、この新しい2種類のプログラムに取り組んでいる。練習で力を入れているのは、スケーティング技術の向上だ。それについては、毎日、トレイシー・ウィルソンと取り組んでいる。スペイン人のシングルのスケーターにはもうひとり、ハビエル・ラヤがいて、やはりトロントで練習している。

オーサーの3番弟子は、カナダの世界ジュニア・チャンピオンのナム・グエンだ。シニアの世界選手権では12位だった。「ジュニアとシニアの世界選手権以降、彼の身長は7センチ強、伸びている。その前の1年で12センチ伸びているのに」とオーサー。「おかげで、”かわいい要素”はなくなった。これからは一人前のおとなとしてのスケーティングが必要だと彼には説明してある。ジャンプが高くなったから、クワドが練習できる」クワド・サルコウは片足で着氷できるときもあるが、回転不足のときもある。「GOEを上げるために、スピードを上げて、トリプルを高く跳ぶことに取り組んでいます」とナム。

彼のショートプログラムは、ニーナ・シモンの『シナーマン』に合わせて、バトルが振りつけた。フリープログラムは、ウィルソンが『道』のサウンドトラックを選んだ。「デヴィッドがこの曲をかけたとたん、興奮しました。ダイスケ・タカハシが2010年に滑った曲ですからね」とナム。

※羽生選手のフリープログラム、『オペラ座の怪人』の振り付け師はデヴィッド・ウィルソンと書いてありますが、シェイ=リーン・ボーンですね。以前、シェイ=リーン自身がそう話していますし、きょう発売のWFS65号のインタビューでも、羽生選手本人がそう答えています。

……………………………………………………………………………………………………………………

ハビエル選手のフリーは『セビリアの理髪師』なんですね! 彼のショートプログラム『ブラックベティ』の振り付けはデヴィッド・ウィルソンなの?とか、羽生選手のトリプル・アクセル〜ハーフ・ループ〜クワド・サルコウって?とか、結局、ナム選手は何センチ伸びたの?とか、いろいろ疑問もありますが、こういう記事もありますよー、ということでご紹介します♪

……ええと、この時点で、もうだれも私の「HHS」、信じてないですね……。
はい、われながら、よくこの口がそんなこと言えたものだと呆れます……。

さあ、24時間テレビまであとすこし!
家じゅうの掃除をして、まっさらな部屋とまっさらな心でその瞬間を迎えたいと思います!(←なぜ!?)
ガーナ2
スポンサーサイト
[ 2014/08/29 03:33 ] 羽生結弦 | TB(-) | CM(-)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。