スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Businessinsider.com:圧倒的強さを誇る、現役アスリート トップ50(The 50 Most Dominant Athletes Alive)記事訳

きょうはbusinessinsider.comの記事をご紹介します♪

圧倒的強さを誇る、現役アスリート トップ50
(トニー・オリベッロ著)

アスリートに圧倒されるのは、単なる勝敗によるものではない。

それは、規模のちがいである。どれだけ容赦なく相手を倒したか、どれほどの得点を叩き出したか、標準的な相手をどれだけ上回ったか。

私たちはファンとして、その圧倒的強さに惹かれるのだ。だからこそ、レブロン・ジェイムズの一挙手一投足に注目が集まり、タイガー・ウッズが日曜に試合に出ると、いまだにだれもが彼の姿を探す。

では、ここで腰を落ち着けて、現役のアスリートのうち、圧倒的強さを誇る選手はだれか、ランクづけしてみようではないか。

以下に挙げるのは、伝統的な定義で言うところの「最高」の選手ではないかもしれないが、非の打ちどころのない運動能力と驚くほどの数値を叩き出すタイプの、圧倒的強さを誇るアスリートである。

リスト作成とランクづけは、Business Insider Sports’のコーク・ゲインズ、リー・ゴールドマン、トニー・マンフレッド、トニー・オリベッロによる。


33位 羽生結弦

n-HANYU-large570.jpg


フィギュアスケーター、日本

羽生はショートプログラムの得点が100点を越えた唯一のフィギュアスケーターで、101.45点という世界記録を樹立した。この得点を活かし、日本の男子フィギュアスケート界に初の金メダルをもたらした。

この64年間(※)に行われたオリンピックで、最年少の金メダリストである。

☆☆☆

パチパチパチ!!!!

やっぱり、こうやって認められるとうれしいです!

そのほか、日本人選手としてはダルビッシュ選手(27位)が、フィギュアスケーターとしてはチャーリー・ホワイト&メリル・ディヴィス選手(19位)等がランクインしています。

あす、4月11日(金)には浅田真央選手、羽生結弦選手が世界最高得点を出したということで、スターズ・オン・アイス公演のあと、ギネス世界記録認定式が行われるそうですね。楽しみ♪

きのうは、羽生選手が札幌でのスーパースターズ・オン・アイスのフィナーレでクワド・ループ(!!!)を跳んだという恐ろしいニュースも入ってきましたし、今後の彼の活躍を見守っていけるのがうれしいような、ちょっぴり怖いような、そんな気持ちです。

ではでは、きょうも読んでくださってありがとうございました!


※注
実際には、ディック・バトンが18歳で金メダルを獲得したのは1948年なので、66年前。というわけで、この数字はまちがっていると思われます。〈追記〉←と思ったけど、まちがってないですね。この64年間で最年少なのはたしかですもの。というわけで、まちがっていたのは私です^^;。
Wikiより:2014年2月14日時点で羽生は19歳65日という年齢であり、フィギュアスケート男子シングルの金メダリストとしてはディック・バトン(アメリカ合衆国)が1948年のサンモリッツオリンピックで優勝した際の18歳202日に次ぐ史上2番目の年少記録となり、66年ぶり2人目の10代での金メダリストになった。

※注2
記事で使われている写真は見つけられなかったので、別の写真を入れています。
スポンサーサイト
[ 2014/04/10 12:44 ] 羽生結弦 | TB(0) | CM(2)

はじめまして

はじめまして。
こすもさんのブログからまいりました。

いろいろ英訳ありがとうございます!
inSide Skating の記事、
ゆづる君だけでなく
日本のフィギュアファンが高く評価されているのは
とってもうれしいですね。
過去最高の大会だなんて、
その場にいらっしゃった方がとてもうらやましいです。
テレビで観ていても
超満員のお客さんが総立ちになったり
外国人選手にも惜しみない拍手と歓声を送ったりしているのを観ていて
胸が熱くなりました。

アボット選手がフリーの演技後に
信じられないという表情を見せていたのも
きっとこの歓声のせいもあるかなと思いながら
一緒にウルウルしてました・・・

「ゆづ愛してる~」は問題になりましたけど
フリーの日は一転して静まり返ったあたり
さすが日本人だな~とうれしかったです。

この記事のゆづる君33位というのも読ませていただき
鳥肌が立ちました。
なんてすごいんでしょう~!

それと
スモメダのハビエルくんの英訳も
ありがとうございます!
すごく気になっていたんです!

結構長く話していたのに
通訳される内容は短いし
せっかくのエピソードも
司会の方の「いい思い出ってことですね」の一言で片づけられてしまったのがあまりに残念で・・・
今日やっと全部が分かってすっきりしました!
ほんとにありがとうございます!

私はこの時のゆづる君がすごく好きで(^-^*)
いつもはジャージでも萌え袖だけど
珍しく腕まくりしてて(笑)
優等生回答でなくて「反抗期」なんて言葉も使ったりして
王子様ではなくて部活高校生みたいで
すごく親近感がわくんですよね。
ロミジュリと同じ人物とは思えないです(;^ω^)

あ、長々とすみません。
こすもさんのところでも
つい長くなってしまって・・・


これからもお邪魔させていただきますね。
[ 2014/04/11 00:07 ] [ 編集 ]

ゆかさん、はじめまして♪

こすもさんのブログからいらしてくださったそうで、ありがとうございます!

私も同じように思いました。SPのあの件についてはほんとうにショックで、FSのときもはらはらしながらテレビ観戦していたのですが、あたたかい歓声と会場の一体感がすばらしくて、感激しました。私もあの場にいたかったなと思いました。アボット選手については、このときの達成感と観客の声援のおかげで去就を決めあぐねているというインタビュー記事を読んだので、まさしくゆかさんの書いてらっしゃるとおりだったのではないでしょうか。ほんと、うるうるですよね。

スモメダ、私も通訳の方、すべて訳して〜と思いました。私もちゃんと聞き取れているかどうか不安なのですが、だいたいこんな感じの話だと思います。だから、大阪エキシのアンコールで『パイレーツ・オブ・カリビアン』を演じてくれたのには特別な意味があるのかなと思ったり……。そして、このときの羽生くん、いいですよね〜! ハビちゃんといっしょにいるせいか、質疑応答にはちゃんと答えつつも、リラックスした雰囲気で、素の部分が垣間見える感じがして。動きがいちいち、かわいくて、目が離せません(笑)。
[ 2014/04/11 08:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanyuthepooh.blog.fc2.com/tb.php/6-2edd3cc6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。