スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国杯メモ(4)会場篇その3&ネット環境

NHK杯、ついにあす、羽生選手が出場するかどうか決まることになりましたね。
ドキドキしながら、発表を待つことにします。
なんにしろ、彼の納得のいく結論が出せますように。

いまさら感が募る一方の中国杯メモですが、ここはもう、空気読まずに続けます!

【会場篇その3 ―座席―】

ふう、ようやく座席までたどりつきました。
こちらが中国杯の座席表。オレンジ色がVIP席です。
20141125211442031.png
北のVIP席の前にジャッジ席があり、その左に選手入場口、西側にキスクラがあります。

20141120173544c94.jpg
これはジャッジの反対側から撮った写真です。

今回、日中平和観光やHISのツアーはすべてVIP席でした。
日中平和観光で申し込まれた方は、ジャッジ側か、反対側か、自分で選んで、事前にチケットが送られてきたようですが、HISは当日、空港からのバスでチケットが手渡されますので、上海に着くまで座席はわかりません。

ジャッジ側は11排(排=列)が最前列(たぶん)、ジャッジ反対側は7排が最前列でした。
20141123112000f98.jpg

私はジャッジの反対側の112区。

ジャッジ側は、座席がジャッジの上なので、リンクからは少し離れていますが、演技は正面ですし、選手入場口もすぐ下にあります。
表彰式のあとの写真撮影も、ジャッジ席にカメラマンが並びますので、そちらからはきれいな写真が撮れそうだなと思いました。
ジャッジの反対側は、演技裏にはなりますが、リンクが近いんです。
だから、どちらも良い席だなあと思いました。
ただし、こちらは中央にカメラがあるため、真ん中に近くて前のほうの席の人ほど、死角ができます。
201411201735338fb.jpg
私は隅っこのほうの席だったのですが、それでもリンクの向こう側のジャンプ等は見えないので、天井のスクリーンで観ていました。
カメラはしかたないとしても、この囲いはなんとかしてほしい……。

そして、日本とはちがって、海外の試合では写真撮影が禁止されていないところが多いですよね。
ここでも大勢の方が写真や動画を撮っていらっしゃいました。
初日はVIP席の階段に、VIP席のチケットを持っていない人たちが座って、写真を撮りつづけていたそうで(私は通路と通路の真ん中くらいの席だったので、知らなかったのですが)、翌日には、その対策か、VIP席の入口に係員が立ち、出入りするたびにチケットの確認をされました。
ただ、表彰式のときには、階段がぎっしり、人で埋まっていました。
このときばかりはお目こぼしされたみたいです。

肝心の(?)寒さですが、この会場はそれほど寒くありませんでした。
超のつく冷え性の私が、薄いダウンを着たり、脱いだりする程度。
薄い上着のままの方もいらっしゃいました。
どちらかというと、会場の中より、試合後に会場のそとに出たときのほうが肌寒かったです。
(※そうそう、週末、なみはやドームに行かれる方はしっかり防寒対策をしていったほうがいいそうです。私はアイスショーでしか行ったことがないのですが、複数の方から「なみはやは寒いから、気をつけて!」というアドバイスをいただきました)

20141125221351ec3.jpg

試合後の会場外の景色。きれいでした。

表彰式のあとは地下鉄がすでに終わっていると書きましたが、シャトルバスの中から、タクシーを待っている人が大勢、見えました。タクシー乗り場がないのか、それとも早い者勝ちなのか、みんな道路に出て、タクシーを探していました。HISのガイドさんによると、タクシーに乗るなら、水色か白か黄色のタクシーがいいそうです。赤のタクシーには乗らないよう、言われました。そして、必ず領収書(中国語で「ファーピョー」)をもらうこと、とのことでした。

【ネット環境】

今回、イモトのwifiルーターをレンタルしました。
成田空港で借りて、成田空港で返却。
4日間で3584円でした。
中国ではツイッターもLINEもつながらないけど、VPN登録すればつながると聞いたので、事前に無料のVPN登録をして、上海へ。
到着したら、まずはdocomoの通信料がかからないように、端末設定→接続→その他ネットワーク→モバイルネットワーク→モバイルデータ、ここでチェックをはずします。
そして、ルーターでwifiにつなぎます。
おかげで、会場でもホテルでも(レイフォント・ダウンタウンホテルでは無線LANにつながるのはロビーだけとのことでした。各部屋でつながるホテルもあると思います)ネットにはすぐつながりましたが、LINEはつながるけど、ツイッターには最後までつながりませんでした。
両方、問題なかった人もいれば、どちらも不安定だったという人もいたので、VPNの種類によるのかどうか、そこはわかりません。
事前に聞いていたとおり、yahooは使えるけど、googleは使えませんでした。
そして、このルーター、2〜3時間しか電池がもちません。
だから、必要なときにだけ電源を入れて、ネットにつないで、また電源を切って、のくり返し。
むこうにいると、逆になんの情報も入ってこないため、情報はすべて日本の友だちに頼りきりだったので、ほんとうに助かりました。

さて、ひととおり、こんなところかな?

今回、まわりの人をみたところ、ツアーの過ごし方は次の3種類。
1、午前中は自分で観光して、ランチも食べてから、ホテルに戻り、会場へ。
2、午前中は旅行会社のオプションで観光してから、会場へ。
3、なにもせず、ただ会場との往復。

……えーと、私は残念ながら、ダメダメの3でした。
ですから、もうあまり書くこともないのですが、次の記事では、上海は意外と物価が高いこととか、空気は心配するほどではなかったこと、エキシのあとの食事の話を書いて、中国杯メモを終わりにしたいと思います。
NHK杯までに書き終えることができますように!

20141125221650870.jpg
リプニツカヤ選手が"by accident"で表彰式を欠席すると聞いたときには心配しましたが、怪我ではなく、うっかりのほうのaccidentだったとは……。コフトゥン選手も帰ってしまうところだったと聞いたので、誰か大会側の人がちゃんと教えてあげてーと思いました。リプニツカヤ選手のエキシ、傘を持ってイナバウアーをしたときに、今回、仲良くなった友だちが「傘バウアー!」と言ってて、それ以来、この写真を見るたびに(傘バウアー……)と思ってしまう私です。
スポンサーサイト
[ 2014/11/25 22:06 ] 中国杯メモ | TB(-) | CM(-)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。