スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

International Figure Skating Magazine April 2014の記事訳(2)

BlZX2iiCYAAUYeM.jpg
写真は朝日新聞社皇室担当、中田絢子記者のtwitterより。園遊会に出席する羽生選手。
※記事と写真は無関係です。単にかっこいいから。てへ。注目すべきはここでは見えない袖の長さですが、さあ、ぴったりなのか、それとも安定の萌え袖か!?←追記:安定の萌え袖でした!


なんというか、ひじょうに濃い1週間でした。

金曜はスターズ・オン・アイスに行き、土日はデパ地下で仙台の牛たん弁当を購入(土曜に自分のだけ買って帰ったら、家族にいいなーと言われたので、翌日は全員ぶん買いました。おいしかった!)。きのうは、羽生選手凱旋パレードの予算が不足していると聞き、お財布を握りしめて銀行へ(募金先はこちら)。すると、少し前にした仕事のぶんが入金されていて、その一部を寄付。帰宅したら、神戸のお友だちにダビングを頼んでおいた、関西テレビ放送の大阪エキシのDVDが郵便受けに入っていて歓喜。『花になれ』と4T-3A-3A-3Aの変態ジャンプ(笑)を堪能。あとは、テレビ東京のSOIの放送を待つばかり。わくわくわく。

羽生選手、最高でした!
日本人選手のグループナンバーも(スロー再生GJです)、美しい『花になれ』も、楽しそうなインタビューも、舞台裏の笑顔も、ばっちり映っていて、幸せでした。
本人の解説つきで過去のショーが見られたのもよかった。
でもでも。
ジェフリー・バトルの、あのクールなグループナンバー×2はーーー?
映像で観るの、楽しみにしてたのに。
ハビエル選手も一瞬、ちらりと映っただけ。
ショックでニースの羽生選手みたいにぱたんと倒れたら、家族に「マジで倒れてる」と笑われました。
ぐすん。
別枠でショー全部を放送してくれればいいのに……。
でも、放送があるだけ幸せですよね。
贅沢言っちゃだめですね。
きょうはテレビの前で正座して園遊会を待つことにします。(※)

え?
SOIに行ったはずなのに、感想がどこにもない?
それがですね……。
第2部の最初に日本人のグループナンバー、『家族になろうよ』があったわけです。
私は隅っこのブロックにぼけっと座っていたのですが、途中で羽生選手がすーっとこっちに滑ってきて、フェンス際で止まって、にこっ。

パチン!
その瞬間、脳内ブレーカーが落ちました。
ブラックアウト。



……気づいたら、ギネス認定式がはじまってました。
(つまり、第2部が全部飛んでる)
なにしに行ったんだ、私!
この、この、脳みそのポンコツぶりが恨めしいーーー!
試合のときやプレカンのときとは別人のような、ふんわりとやわらかい笑み。
あやうく召されるところでした。

帰宅してから、家族に「どうだった?」と聞かれました。
「夢のようだった……」と吐息混じりに答えたら、笑われました。
いや、マジで夢のようだったんだってば。
ろくに記憶ないんだってば。
……はあ。

夜中に『家族になろうよ』を聴きながら、泣きました。
いろんな意味で。


なんて、私のしょうもない話はどうでもいいですね。
きょうはInternational Figure Skating Magazineの記事の一部を追加でご紹介します。
クリケットチームに関する部分のみ、ランダムにご紹介しますね。
そうそう、キャノンのHPにハビエル選手のすてきなインタビューがあったので、よかったらどうぞ。
では、記事訳に行きます。

20140417_160754.jpg

日本が団体戦5位に羽生は4回転トゥループとトリプル・アクセルを含むショートプログラムで手堅い勝利をおさめて、団体戦としての責任を果たした。彼はみずからがヒーローと崇めるプルシェンコのそばで滑ることができて感激だと話した。

「同じリンクに立てるだけでうれしいです」と羽生。「すごく緊張しました。これがオリンピックなんですね。すばらしいスケーターばかりです」

ブライアン・オーサーによると、団体戦に向けて選手の調子を整えるのはどのコーチにとっても新しい経験だと話した。「だれにしてみても、すごくおかしな感じだったよ――アスリートにとっても、コーチにとってもね」団体戦のショートプログラムが行われる日の午後は、ずっとどうすべきかわからなかった。力を残しておけとは言えないからね」


20140417_160738.jpg

選手&コーチ語録ブライアン・オーサーが試合前にハビエル・フェルナンデスへの声かけで、「きょう、出場するのはまったく新しい試合だ。きみはオリンピックに出場したことがあるが、今回はちがう。前回は出場することに意味があった。今回はメダルを獲りに来たんだ」


20140417_160718.jpg

プルシェンコ選手の棄権について羽生結弦選手
「彼のおかげでスケートを始めました。彼のことを心から尊敬しています。ぼくに言えるのは”長いあいだ、感動できる演技を届けてくれてありがとう”ということだけです」

ハビエル・フェルナンデス選手
「子どものころ、彼はぼくのアイドルのひとりでした。世界じゅうで過去最高のスケーターのひとりです。悲しいけど、これが人生なんですね」



20140417_160812.jpg


カナダの銀メダルの系譜(※パトリック・チャン選手のインタビューですが、オーサー・コーチの人柄が表れているので、ご紹介します)


フィギュアスケート男子シングルの最終戦は、ブライアン・オーサー・コーチにとって複雑なものとなっただろう。彼がコーチを務める羽生結弦が、母国カナダのパトリック・チャン選手を制し、金メダルを獲得したのだ。オーサーは自分の教え子が勝ったことにあきらかに喜んでいたが、チャンの心中も察していた。

オーサーにはチャンの置かれた空間と場所が理解できる。ちょうど26年前、オーサーは、チャンがいま、置かれているのと同じ立場にいた。カルガリー・オリンピックに世界チャンピオンとして出場し、銀メダルを持ち帰ったのだ。その記憶から、オーサーはチャンをハグした。「ユヅをハグしたときよりも、こみあげるものがあったよ」オーサーはそう話し、その敗北を乗り越えるのに何年もかかったとつけ加えた。

オーサーが1988年のカルガリー・オリンピックでの自分の演技を見返すことができるようになるまでに、10年の歳月を要した。彼はチャンが同じ運命をたどることがないよう願っているという。

翌日の記者会見で、チャンはオーサーの気遣いに心を打たれたと話した。3回連続の世界チャンピオン、現世界チャンピオンとして、もっとも栄誉ある賞を獲れなかったという事実を受け入れるのに、これからつらい時期が待っていることは承知していると話した。

「あのひとつひとつの瞬間のこと、すべてを変えたかもしれない、あの何分の一秒かのことばかり考えてしまって、ゆうべは4、5時間しか寝ていないんです」チャンはフリープログラムについてそう話した。「幸い、ぼくには話を聞いてくれる相手――ガールフレンドや両親、友だちにコーチ――がいて、それを乗り越えるのを助けてくれました」

「ありがたいことに、ぼくのまわりには、支えてくれる、すばらしい人たちがいます。なにがあろうとぼくを愛してくれて、どんな道のりであろうと支えると言ってくれる人たちがね」

「そうやって乗り越えていきます。文字どおり」チャンは感情があふれ出しそうになるのを抑えながら言った。「でも、ブライアンが言ったように、簡単なことではありません。ベッドに入って、すべてを変えたかもしれない、あのいくつかの何分の一秒かのことを確実に考えずにすむようになるのには、何年もかかるでしょう」

チャンの頭から離れないのは、まちがいなく、自分が金メダルを獲るはずだったという思いだろう。羽生はショートプログラムで世界最高記録を樹立し、チャンを4点上回ったが、この若き日本のスターはフリープログラムで金メダルへの扉を大きく開け放ったのだ。

チャンが金メダル獲得に必要なのは、安定した演技をすることだけだった。しかし、プログラム冒頭で4回転トゥループ―3回転トゥループのコンビネーションを決めたあと、歯車が狂った。アメリカのジェレミー・アボットとはちがい、チャンはその残念な結果について、自分自身を責めるしかなかった。

チャンは引退の可能性についてほのめかし、このあとに日本の埼玉で行わなれる世界選手権に参加するかどうかについては明言を避けた。「世界選手権では3度、勝っているので、また勝てるかどうかわかりません。すごく疲れました。これからのことを考える時間と自分のための時間をとる必要があると思っています」

チャンは男子フィギュアスケートでオリンピック金メダルを逃した、カナダの7人めの世界チャンピオンである。


☆☆☆

パトリック……(涙)。
それにしても、オーサー・コーチはほんとうにいいコーチなんだなと改めて思いました。
技術だけでなく、メンタル面でも、だれよりも選手の気持ちを理解できる。
クリケットクラブ、最高です。
そして園遊会での羽生選手の笑顔も最強でした……。

(※)5/11にBSジャパンでノーカット完全版が放送されることになりました。
やったー! ピーピピピーがまた観られる!(嬉)
スポンサーサイト
[ 2014/04/17 13:29 ] その他 | TB(0) | CM(14)

笑顔最強!

こんばんは。ステキな翻訳ありがとうございます。
ほんとにオーサーコーチ、あたたかい方ですねe-420
ここのところ仕事が忙しく、昨日の夜も帰ったのは遅かったのですが、
どうしてもガマンできず(笑)、夜中1:00までかかってSOIの録画を
観てしまいました。彼の演技とあの笑顔は今や私の精神安定剤。心の乾燥に「花になれ」がよく効きます。
あやうく召される…わかる気がします。テレビでもアレなのに、生で見ちゃったら…。ある意味、幕張すごくコワイです…。
募金やノーカット版放送の情報もありがとうございます。私もささやかながら、募金しようと思います。長々とすみません。またお邪魔させていただきますね~e-463
[ 2014/04/17 21:59 ] [ 編集 ]

まさしく最強!

yumiyumiさん、こんばんは。
今回も読んでくださってありがとうございます。
オーサー・コーチ、知れば知るほど、好きになっちゃいますね。
夜中までSOI!
わかります、わかります。
我慢できないですよねー。
yumiyumiさんには「花になれ」が心の潤いなのですね。
きっとそうやって大勢の心を支えてくれているんでしょうね。
募金、もっと早く募ってくれればよかったのに、と思いました。
私も少額ですけど、貢献できてうれしいです。
最初はTシャツを買おうと思っていたのですが、きっとすぐに売り切れるだろうから、それなら募金で、と思って。
幕張、ほんと、楽しみですね。
せっかくですから、網膜に灼きつける勢いでガン見してきてください。
って、私が言えることじゃないですが……。
ノーカット版、いまから待ちきれないです。
(ほかのグループナンバーは一部、脳内再生も、なんならクローズアップ再生もできるのに、なぜ肝心なときには働かないのか、この脳みそは……)
[ 2014/04/17 23:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/18 01:12 ] [ 編集 ]

Rさま、はじめまして♪

わざわざ非公開にしてくださっているコメントにどう返信すればいいか、よくわからず、ここでふつーに返信してしまいます。ほかにもっといいやり方があったとしたら、Rさん、ごめんなさい!

ふふふ、鋭いですね。
はい、きのうは完璧に壊れてました。
すさまじい壊れっぷりでした。
それを隠そうとする努力すら捨てて、やけくそ気味(笑)。
それでも楽しんでいただけて、とってもうれしいです。
あと、細かいところにまで気づいていただけて、それもうれしい♪
私もさいきん、涙腺ゆるいです。
いちいち、うっ……(感涙)という感じです。
まあ、すでに魂もってかれてますから、しかたないです(←なのか?^^;)。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
[ 2014/04/18 13:11 ] [ 編集 ]

ハビ君おもしろい

cocoさんこんばんは

今回も面白い記事や、翻訳ありがとうございます!
キャノンのハビ君の記事が面白くて・・一番笑ったのが
「ユヅルはおしゃべりもせず
氷に乗っている間はずっと練習していて偉いです。
当たり前かも知れないけど。」
当たり前だよ~!!おかしすぎる
これって自分はおしゃべりばかりしていて
氷の上に乗っていても練習そっちのけで遊んでいたり
なかなか集中して練習していないということ?!

でも、ハビ君にはハビ君の良さがあって私は好きです
それなのに台乗りできちゃうんだから、ある意味すごい!
羽生選手が大好きって全身で言っていてイイですよね

パトリック選手の記事翻訳ありがとうございます
オーサーコーチ・・本当に素晴らしいコーチですね
オリンピックでの借りはオリンピックでしか返せないと聞きました
4年後に向けてパトリック選手に活躍してほしいですね!
羽生選手はライバルが沢山いたほうが燃えますからね!!

SOIで羽生選手に「ニコッ」とされたのですか・・危険危険
それは記憶喪失になっても仕方がないと思います
怪我もなくご無事に帰られて良かったです
それでは、また遊びに来ますね!
[ 2014/04/18 19:55 ] [ 編集 ]

akiさん、こんばんは!

ハビエル選手、ほんとおかしいですよね。
私もそれ、当たり前だから、って読みながらツッコミました。
練習自体も楽しみたい、そしてまわりも楽しませたいタイプなのかも。
でも、そこが彼の長所であり、彼のプログラムにもうまく反映されていますよね。
私も好きです!

パトリック選手、ほんと、まだまだ続けてほしいなあと思います。
SOIで楽しそうに滑っている姿を見て、ますますそう思いました。

SOIは……危険でした(笑)。
私のブロック、そして向かい側のブロックの人たちも、果たしてぶじに帰宅できたのか?
……なんてね、こんなに脳内キャパが極小なのはきっと私くらいですから。
みなさん、きっちり堪能して帰られたことと思います。
ぐすん。
[ 2014/04/18 21:14 ] [ 編集 ]

cocoさん初めましてです!

cocoさんのブログを今日初めて読ませて頂きました!
とっても可愛くって、楽しくて、コメントせずにはいられません!
仕事や家事や、3人の子供の育児に疲れきっている私に癒やしをありがとうございます♪
私も召されそうになることは多々あります(笑)
良くわかります。
一昨年のFOI福井で、
花になれを見たはずなのに・・・。
パリの散歩道を見たはずなのに・・・。
完全にお花畑に飛んでました(笑)
それと、萌え袖とか本当に夜中に声を出して笑ってしまいました。
目の付け所が可愛いです(>_<)
それにしても、ゆづくんは本当に素敵な綺麗な笑顔ですよね・・・。
私の5歳の息子を、あんな破壊力がすごい笑顔が出来る子にするにはどう育てたらよいのでしょうか・・・。
うらやましいです。
本当に楽しい一時をありがとうございます!
またお邪魔させてもらいますね!

[ 2014/04/23 00:25 ] [ 編集 ]

シトラさん、はじめまして!

すみません、うっかり最新の記事にまとめてレスしてしまったので、
同じ文章ですけど、以下にお返事しますね!

コメントくださってありがとうございます。
そして、シトラさん、なかーーまーーー!
ですよね、ですよね、召されそうになるのもしかたないですよね。
そのお花畑のむこうには川がありませんでした?
渡っちゃダメですよーー(笑)。

5歳の息子さんがいらっしゃるんですね。
かわいいでしょうね。
個人的にはあの笑顔、兵器レベルだと思うので、自分の子があんなふうに育ってしまったらそとには出しません! それが親としての務め! みんなが召されちゃって、死屍累々です。通ったあとには草も生えないです。いや、逆に萌えすぎて、草だらけ……?

夜中なので(←と時間のせいにする^^;)、テンションおかしいです。はじめてなのにごめんなさい。これからもよろしくお願いします!
[ 2014/04/23 02:59 ] [ 編集 ]

cocoさん、おはようございます。
早速コメントにお返事いただけて、
「きゃー!cocoさん!」と、朝からテンションおかしいまま
娘を小学校に、息子を幼稚園に送りだしました。
あ、でも!これ、決してコメ返の催促じゃないんで!
寝不足にお気をつけて、お身体大事にしてくださいね^^

パトリック選手が世界選手権に出ないと聞いた時、
五輪シーズンには良くあることだと思いながらもすごく気になりました。
競技者である以上、誰もが乗り越えなければいけない辛い敗北。。。
その痛みを知るオーサーさんの優しい心遣いにグッときました。
パトリックにはこれからもユヅくんの良きライバルであって欲しいですね。
素敵な翻訳、ありがとうございました。

私、SOIアリーナ最前列で観ました!
「家族になろうよ」は、目が足りなくてどこを見ていいのか分からず、
あっちを見たらこっちで歓声が上がり、
こっちを見てたらあっちで歓声が上がり、
結局何も分からないまま終わってしまいました。
ユヅくんcocoさん側に来てくれたんですね。うらやましいです。
でも、ブラックアウトとは!…何という破壊力。良くぞご無事で。

私は東京二日目の昼公演だったので、ユヅくん白鳥さんでした。
それも良かったのですが、どうしてもどうしても
「花になれ」を生で観たかったので、
ちょっとだけ残念でした(贅沢ですね^^;)。

長くなってごめんなさい。まだ山ほど語りたいのですが(笑)。
これからもcocoさんのブログ楽しみにしています。
[ 2014/04/23 09:33 ] [ 編集 ]

あいさん、こんばんは!

すみません、朝から私の深夜のおかしなテンションのコメント読ませてしまって(笑)。

SOI、最前列だったなんてうらやましい!
最前列になんてすわったことないですよお。
一度でいいからすわってみたいです。
そう、今回は隅っこだったのですが、逆にクリケット好きには贅沢な席だったかもしれません。
私も「家族になろうよ」はテレビで観て、ようやく全体がわかりました。
日本人スケーターの群舞はすべての席の人が楽しめるような形になっていたから、
逆に上のほうから見たほうがわかりやすかったかもしれないですね。
私のときは「花になれ」だったのですが、私は花はすでに観てるので、逆にあいさんがうらやましいですよお。
あの衣装、実際にみると、ほんときれいです。
そもそも、本人が発光してるとしか思えないきらきら度なのに、
(白T&ジーンズであれだけきらきらなわけですから)
「花になれ」なんて、まぶしくてまともに見えないくらいです(笑)。
でもでも、きっと花はこれからも滑ってくれるでしょうから、
機会はあると思いますよ!

パトリック選手、あれだけすばらしいスケーターなんですから、
自分を責めたりせずにこれからますますファンを魅了してほしいなと思います。
オーサー・コーチの気遣いにはぐっときますよね。

きのうは夜更かししちゃったので、きょうは早く寝ます(笑)。
体のことまで気遣ってくださってありがとうございます!
あいさんもあまりご無理のないよう、おすごしくださいね。
[ 2014/04/23 21:44 ] [ 編集 ]

同じ日にSOI

こんばんは。いつも翻訳ありがとうございます。
私もギネス認定式の日のSOI行ってきました。選手の入退場口付近のアリーナに座っていたのですが、花になれで羽生さんが入ってきてすぐこちらに笑顔を向けてくれた瞬間から私も記憶があいまいです(^_^.)もしかしてcocoさんと同じエリアに座っていたのかもと思いコメントせずにはいられなくなりました。あの笑顔は本当にやばいですよね!
[ 2014/04/23 23:20 ] [ 編集 ]

まいさん、まさしく同じあたりです!

まいさん、こんばんは♪
うわあ、同じエリアにすわってらしたんですね。
すみません、私は「花になれ」の記憶がないので、わからないのですが、
そうだったんですね、そのときにも笑顔を向けてくれたんですね!
くうう、もったいないことをしました。
あれはなんというか……やばいとしかいいようがないです(笑)。
はあ。
[ 2014/04/23 23:33 ] [ 編集 ]

すみません、「花になれ」じゃなくて「家族になろうよ」のほうでした(^_^.)あのTシャツ笑顔の衝撃ったら!もっと目に焼き付けておきたかったのに記憶があいまいなのが悲しいです(泣)
[ 2014/04/27 19:29 ] [ 編集 ]

まいさん、こんばんは♪

あ、ですよね、ですよね!
あれって不意打ちでしたから、ほんと、あわわわわって感じでした。
最初にこっちのブロックに向かってきましたよね。
そうでなければ、もうちょっと心の準備が……できたかも……しれないのに(いや、たぶんむり^^;)。
ふつうの白Tなのに、なんであんなにかっこいいんでしょうね。
っていうか、ふつうの白Tだから、かっこよさが際立つのか。
あの笑顔の前はまだ意識があり(←あたりまえ)、
"ずっと華奢だと思ってたけど、そんなことないなあ、腕の筋肉がすごくきれいだなあ"、なんて
ちょっと余裕で遠目で見てたんですけど、
あの瞬間にふぎゃーってなりました。
ほんと、網膜にしっかり焼き付けたかった……。
メンタルのコントロール方法、私こそオーサー・コーチに習いたいです(真剣)。
[ 2014/04/27 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanyuthepooh.blog.fc2.com/tb.php/8-167b1667


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。